脱毛症の種類・症状と治療法~AGA・円形脱毛・女性の脱毛の違い~

投稿日:


脱毛」「毛が抜ける」というのは、人間に生まれたならいつかは経験せざるを得ないことです。

とはいっても、「脱毛」と一口で言っても、その種類は様々です。

年齢に起因するもの、性別に起因するもの、生活環境に起因するものなどが主です。

では、実際に「最近、髪が薄くなって頭皮が見え始めた」「女性なのに、つむじの毛髪が減ってきた」など、脱毛について気になってたら、自分がどんな種類の「脱毛」に当てはまるのかが気になると思います。

そこで、「脱毛」の種類、その症状・治療などの違いを調べてみました。

 

男性型脱毛症(AGA)

脱毛症 種類

AGA」「男性型脱毛症」と聞くと、よくテレビCMなどで流れているのでピーンとくるかもしれません。

「男性型」とつく通り、薄毛に悩む男性の約9割がAGAを発症していると考えられています。

男性型脱毛症は、発症する年齢によって名前が変わっています。30歳以下の若者が発症した場合は「若年性脱毛症」、30歳以上(主に40~50代くらい)に発症した場合が「壮年性脱毛症」と区別されています。

毛髪が薄くなっていく部分(ハゲ方)も様々で、前髪の生え際がM字型に後退して薄くなる「M型」、前髪生え際がU字型に後退して薄くなっていく「U型」、頭頂部の毛髪が薄くなっていく「O型」などがあります。

毛髪が薄くなるメカニズムとして、主に男性ホルモンの過多による脱毛促進が一般的です。

テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素によって変化し、ジヒドロテストステロンという薄毛を促進させる男性ホルモンとなります。

このジヒドロテストステロンが髪の毛の毛根に作用し、毛の成長を抑制する働きをします。これにより、毛髪の成長が止まり、細くて抜けやすい毛しか生えてこなくなり、毛髪が全体的に薄くなってしまうのです。

また、ジヒドロテストステロンが毛根近くの皮脂腺も刺激することで、頭皮の皮脂の分泌が多くなり、毛髪が脂っぽくテカったり、皮脂のせいで髪にボリュームが感じられなくなったりと、その影響はとても大きいものです。

「男性型脱毛症(AGA)」を発症する原因として、大部分を占めるのが遺伝です。テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させる酵素の5αリダクターゼの感度の強弱が遺伝によって変化すると考えられ、この感度が強いほどジヒドロテストステロンが作られやすくなるのです。

それと、偏った食生活や睡眠不足、ストレスなどの生活習慣に変化などによっても男性ホルモンが増加してホルモンバランスが崩れると考えられ、これによってAGAも進行・悪化する可能性もあります。

AGAによる薄毛はかなり多くの男性が発症する可能性の高いので、遺伝だから治らないと諦めずに、男性ホルモンを抑える薬や生活習慣の改善など良い対策法はあるので、早めの対策をすることで、抜け毛を抑えて毛髪が薄くなるのを防ぐことも可能です。

 

 

女性男性型脱毛症(FAGA)

女性 脱毛

「男性型脱毛症(AGA)」について前述しましたが、実は、女性もAGAを発症してしまう可能性があるのです。

そもそも、AGAは男性ホルモンが原因で起きる脱毛症です。実はこの男性ホルモンは、女性も持っているのです。

女性の場合、基本的に女性ホルモン優位の状態なので、男性と比べると男性ホルモンを20分1程度しか持っていません。

この状態であれば、毛髪を育てる力を持つ女性ホルモンが作用して、脱毛になるようなことはありえません。だから、女性は年齢を重ねたとしても、気になるような毛髪の薄さを感じることは滅多にありません。

しかし、無理なダイエットや生理不順、強いストレス環境など、生活習慣によってホルモンバランスが乱れると、女性ホルモンの分泌が減少し、比例して男性ホルモンが増加してしまいます。

そうなると、男性と同様なメカニズムで、男性ホルモンによる脱毛が発症します。しかも、女性ホルモンが減少しているので、毛髪を育てる作用も弱まって、毛髪が薄くなってしまうのです。

特に、加齢によって女性ホルモンの分泌が減少してくる35歳以降の女性が発症しやすいと考えられています。

メカニズムは同じですが、男女それぞれで区別するため、「女性男性型脱毛症(FAGA)」と名称がつけられています。

「男性型脱毛症(AGA)」の場合、男性ホルモンの作用が一方的に働くため、治療・対策は、進行を遅らせることしかできませんが、

「女性男性型脱毛症(FAGA)」の場合、男性ホルモンを減少させて、女性ホルモンの分泌を増やすと、女性ホルモンの作用で毛髪が成長することで、薄毛が改善されることが期待できます。

FAGAの治療・対策としては、生活習慣の改善で男性ホルモンを減少を促し、女性ホルモンを増加させてホルモンバランスを改善するのが良いでしょう。

女性ホルモンの増加を促すイソフラボンが含まれている大豆製品などを多く食べると、より効果的でオススメです。

 

 

円形脱毛症

円形脱毛症

仕事忙しすぎて、円形脱毛症になった!」とか、「大物芸能人がストレスで円形脱毛症に!」とか、時々そんなことを耳にしたりしますね。

円形脱毛症はどういうハゲなのでしょうか?

まず、毛髪のハゲ方ですが、円形脱毛症には3つのタイプがあります。

一つ目は、単発型です。

頭に1~3か所ほど、円形型(十円玉サイズ)のハゲができます。

二つ目は、多発型です。

これは円形型のハゲが沢山できてしまうタイプです。一度治ったとしても、同様の円形型ハゲが何度もできてしまう場合もこのパターンに入ります。

三つ目は、全頭型と汎発型です。

全頭型は、もともと頭に数か所あった円形ハゲが増えて広がり、最終的に髪の毛全体が抜け落ちてしまうというものです。

そして、汎発型は、髪の毛全体に含めて眉毛や髭など体毛まで抜けてしまうというものです。

どのタイプも初めは、頭頂部や側頭部、後頭部など頭の様々な部分に、円形型のハゲができます。タイプによって円形ハゲがくっついて大きなハゲになったりします。

円形脱毛症の原因は、自己免疫疾患だと考えられています。

自己免疫疾患とは、通常はウイルスや細菌などの身体に侵入した異物に対して攻撃・排除を行う作用のある免疫システムが、何らかの原因により自分の身体を攻撃するという病です。

つまり、身体の免疫システムが何らかの原因により、毛髪の細胞や組織に対して攻撃しているため、部分的に細胞・組織が破壊され、毛髪の成長が阻害されて円形ハゲになってしまうのです。

また、ストレスが原因という話もありますが、実際にははっきりわかっていないし、ストレスが起因で起きている可能性も否定できないという状況です。

それに、円形脱毛症の原因には、遺伝的要因も含まれている可能性もあるとされています。

では、円形脱毛症になった場合、治療はどうすればよいのでしょうか?

円形脱毛症になったからといって、ストレスのせいだと思い込んで、ストレスを軽減しようとしてもあまり効果ありません。むしろ、治らないことに余計にストレスを感じるかもしれません。

円形脱毛症は、いわゆる、頭皮に対して自己免疫疾患が表れたということなので、皮膚科にかかるのが良いでしょう。

皮膚科では、外用薬、内服薬、冷凍方法、局所免疫療法など、円形ハゲ部分の頭皮に効果のある治療法を行ってくれます。

ただし、全頭型や汎発型といった大規模な脱毛の場合は、長期間の治療が必要になる可能性があります。

円形脱毛症にならないためには、自己免疫疾患を引き起こす可能性のある、ストレスを軽減して、生活習慣を改善するのが予防になると考えられます。

また、頭皮の血行も良くしてリラックスするのも良いので、頭皮マッサージもオススメの予防法だと考えられます。

 

 

脂漏性湿疹・脱毛症

脂漏性 脱毛

男性なら気づいたことがあるかもしれませんが、時々頭をかいたりすると、かいた手の指が脂っぽくテカっていることがあります。

頭皮は、皮脂腺がたくさん集まる部分で、皮脂も多く分泌されます。これによって、「脂漏性湿疹」ができることがあります。

この湿疹の症状は、皮膚がカサカサして赤くなり、かゆくなっていくといったもの。

しかし、これが悪化すると、毛穴を皮脂がふさいでしまい、毛穴が詰まって薄毛になってしまうのです。

この状態を「脂漏性脱毛症」といいます。

主な原因は、生活環境の乱れによる皮脂の過剰分泌、刺激の強いシャンプーによる洗髪で皮脂がなくなってしまい、その反動で皮脂が過剰分泌されてしまうことなどがあります。

治療としては、皮膚科にかかって出される、ステロイド剤や抗真菌剤などを試すのが良いでしょう。

また、シャンプーを低刺激のものや、育毛専門のシャンプーなどを使うと予防にもなって効果的です。

「脂漏性湿疹」の症状が治まれば、脱毛症状も収まるでしょう。

 

 

 

-脱毛症 種類

Copyright© TRY【トライ】 , 2017 AllRights Reserved.