*

女性のヒゲは「オス化」のせい!?気になるムダ毛対策にオススメの抑毛剤

投稿日:3月 2, 2017 更新日:

女性 ヒゲ

近年、「女性のオス化」なる言葉をちらほら聞くことが増えた気がします。

「女性のオス化」とは、女性が生活スタイル・態度・発言・身体的特徴において男性に似てくるということです。

下記のようなオス化の特徴が表れている女性は、たくさんいるようです。



主な女性のオス化の特徴
皮脂の分泌が増える
体臭が気になる
体毛が濃くなる
抜け毛が増える
生理がなくなる
性欲が強くなる



世間では男女平等という概念も浸透してきて、女性が働きやすい環境も徐々に出来上がってきています。

男性並みに働ける環境ができてきたことで、仕事をテキパキこなす女性や男気のある女性が増えたように感じます。

実際にテレビドラマなどでも男性ばりに仕事をテキパキこなす女性キャストがいたり、家ではあぐらでビール・焼酎を飲む主人公がいたりと、「オス化」した女性を描く作品も出てきています。

世の中の女性たちへのアンケートでも、「自分がオス化している」と感じる女性は60%以上もいるらしく、一般的にも「オス化」の傾向が強まってきていると考えられるのです。

そして、このアンケート調査で気になる回答もありました。

それが、「あごにヒゲのようなものが生えた」というもので、なんと15%の女性が回答したのです。

ヒゲは通常男性に生えるもので、遺伝子の異常やホルモンの病気などにならない限り、女性には生えません。

もちろん、口周りの薄い産毛が生えることはあります。

しかし、中にはヒゲと呼ぶくらいの太い毛が生えている女性もいるといいます。

これは、「女性のオス化」に起因しているとも考えられているのです。

最近は、男性も濃いヒゲをどうにかしようと脱毛・抑毛に対する意識も高まってきていますが、男性だけでなく、女性もヒゲに悩まされているという現実もあるのです。

そこで、「オス化」によってヒゲが生えてきた、または毛深くなったといった女性のために、女性のヒゲやオス化の原因や対策についてまとめました。










オス化の原因はホルモンにあり

オス化 ホルモン

そもそも、女性がオス化している男性っぽくなっていることの大きな原因は
ホルモンバランスの乱れにあるとされています。

女性といえど、男性ホルモンと女性ホルモンの双方を持っています。

男性ホルモンは筋肉・骨・体毛などの形成に関わり、女性ホルモンは肌・髪・女性らしい身体・妊娠などに関わります。

女性の場合、通常女性ホルモンが正常に分泌されることで女性ホルモン優位の状態ですが、ホルモンバランスが乱れて女性ホルモンが減ると、男性ホルモン優位の状態になってしまいます。

男性ホルモンが優位な状態になると、性格や態度に男っぽさが表れ始め、身体的にも皮脂が増えたり、髪の抜け毛が増えたり、体毛が濃くなったりといった身体的な特徴も出てきます。

これらの一環に、女性に髭が生えてくるといったことも含まれています。

では、どうして女性のホルモンバランスが乱れるのでしょうか?

実は、ホルモンバランスの乱れは特に女性に起きやすいのです。

その背景には、女性特有の月経サイクルが関係しています。

一般的に女性の月経サイクルは、約4週間程度を1サイクルとし、その中に生理・排卵といった女性特有の活動があります。

また、月経サイクルも4つのリズムに分けられており、リズムによって女性ホルモンの分泌量が波のように変化します。

これは肉体的要因や精神的要因で容易にリズムが狂ったり、分泌量が変化したりしやすいということになります。

そして、女性の体内で分泌される男性ホルモンは分泌量が変化しにくいため、女性ホルモンの分泌量に狂いが生じると、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。

このように、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモン優位の状態になることで、女性が「オス化」しやすくなるのです。









女性がオス化しやすい生活

女性 オス化

女性ホルモンの分泌量の変化により、容易に起きるホルモンバランスの乱れが引き起こす「女性のオス化」。

そして、原因となるホルモンバランスの乱れは、現代社会を生きる女性たちの生活習慣・環境などに大きく左右されやすいのです。


ストレス
現代社会は、非常にストレスフルな社会です。

男女平等が進み、女性も男性と肩を並べて仕事ができるようになってきましたが、その分、要求されることも高くなり、働く時間も長くなっています。

また、上司・同僚・部下など接する相手も多いため、人間関係を築くこともストレスの一つになります。

肉体的にも精神的にもストレスに触れることが多いので、月経サイクルのリズムが狂いやすくなります


食生活の乱れ
人はストレスを感じると、過食に走りやすくなります。

食べることは、食材から栄養素・成分を摂取する行動です。

そのため、栄養素や成分によってはホルモンに影響を与えるものもあります。

代表的な食材として、肉類は食べることで男性ホルモンの分泌量を増やす可能性があります。

また、酒類はアルコールの影響で男性ホルモンの分泌抑制作用が麻痺してしまい、男性ホルモン過多になりやすくなります。


ダイエット
過食同様に、過度なダイエットもホルモンバランスを乱れさせる要因になります。

極端に食べない、または特定の食事しかしないといった食生活を送ると、ホルモンの分泌を促す栄養素やホルモンの原料となる成分が不足してしまいます。

最近では炭水化物抜きダイエットが流行りましたが、炭水化物がないことで自律神経などにも影響が出るとされています。


これら以外にも、夜更かし・タバコ・性生活の不足などホルモンバランスに影響を与える生活や環境はたくさんあるのです。

ホルモンバランスは影響を受けやすい反面、生活の改善の影響も受けやすいので、改善すれば早めに効果が出る可能性が高いです。









ヒゲを生やすホルモン

ヒゲ ホルモン

一般女性の15%近くの方が、「あごにヒゲのようなものが生えた」と答えていることからもわかるように、ヒゲに悩まされている女性が少なからずいるようです。

実際に芸能界でも、「ヒゲが生えてきた」というエピソードを話している女芸人やぽっちゃりタレントがいます。

しかし、本来女性にヒゲは生えません。

ホルモンバランスの乱れによる男性ホルモン優位の状態、つまり「オス化」によってヒゲが生えてきます。


男性ホルモンの作用を受けやすい
男性ホルモンは男女関わらず、同じ成分で構成されています。

テストステロンジヒドロテストステロンです。

当然、男性に比べて女性の体内における男性ホルモンの分泌量は少なく、ホルモンバランスが安定していれば女性ホルモンの働きもあり、男性ホルモンの影響を受けにくい状態を保っています。

しかし、ホルモンバランスの乱れで女性ホルモンの働きが弱まると、男性ホルモンの影響を受けやすくなります。

すると、「抜け毛や剛毛」を促すジヒドロテストステロンの作用により、ヒゲや体毛が濃くなってくるのです。

思春期の女性ホルモンの分泌が不安定な時期や更年期の女性ホルモンが減少する時期などには、女性が毛深くなったり、抜け毛が増えたりするらしく、これはホルモンバランスが乱れてジヒドロテストステロンの影響が強く表れているためです。

男女ともに、ジヒドロテストステロンがヒゲや体毛を濃くする要因と言えます


女性が受けるヒゲのデメリット
ヒゲが生えている女性というのは、印象から違和感があります。

つまり、「女性+ヒゲ」という組み合わせに良いイメージがないからです。

このように、女性にとってヒゲはデメリットでしかありません。

そして、ヒゲのデメリットは見た目だけではなく、日々の化粧や肌の手入れにも影響を与えます。

女性は日頃、メイクをしています。

メイクをする際に、顔にヒゲや濃い産毛があることで化粧ノリが悪くなってしまいます。

毛深いと化粧水・乳液・ファンデーションなどの肌に直接つける化粧品が肌に馴染みにくくなってしまうからです。

それならヒゲや産毛を剃ってしまえばよいという簡単な話でもありません。

女性は男性に比べて非常に皮膚が薄いので、頻繁にヒゲを剃ることはできないのです。

安全なカミソリを使ったとしても、細かい傷がついて肌を傷めてしまう恐れがあるためです。

それゆえ、毛抜きをしている女性も多いと思います。

女性の皮膚はとてもデリケートなので、メイクをするにも、ヒゲを剃るにも、毛抜きをするにも、注意しながら行う必要があるのです

このように、日頃からの手入れが面倒なこともヒゲが生えていることのデメリットといえるでしょう。









「ヒゲ女」にオススメの抑毛剤

ヒゲ 女

女性の「オス化」が進むことで、ヒゲの生える女性もさらに増えていくでしょう。

対策として、生活習慣を改善してホルモンバランスを整えることが挙げられますが、結果が出るまで時間が掛かるし、仕事や家庭の環境などもあるので簡単に変えるのも難しいと思います。

ヒゲ・オス化の原因は、ホルモンバランスが男性ホルモン優位の状態になることなので、男性ホルモンを抑制することが効果的です

近年、男女ともに毛を嫌う傾向があり、脱毛・抑毛に関するサービスや製品が多く登場しています。

中でもオススメしたいのが、男性ホルモンを抑制する効果によって毛の成長を抑える「抑毛剤」です。

毛を根元から取り除く脱毛エステは効果が高いことから料金も高いのに対して、手頃な価格で手に入って自宅で使える抑毛剤が人気を集めつつあります。

剛毛にも対応している効果の高い抑毛剤を紹介します。



女性向けオススメ抑毛剤
① ヘアーリデューシングクリーム
毛深い女性が多いとされるトルコで開発された抑毛クリームです。

剛毛の男性にも高い効果を発揮すると話題の抑毛剤です。

ヘアーリデューシングクリームの詳細



お試し価格 2900円で入手可能です↓↓↓

ヘアーリデューシングクリーム

② コントロールジェルME
「毛深い体毛」に悩む女性のための専用の抑毛ジェルです。

販売から20年以上の実績を誇り、累計販売数が60万本以上を超える、超ロングセラー製品です。

長年の実績から、その効果への信頼度もかなり高いです。

そして、肌の弱い方や子供までもが使える、優しい抑毛剤です。

コントロールジェルMEの詳細



今なら25%OFFで販売中です↓↓↓

コントロールジェルME



顔・あご・おでこなどに、濃い産毛やヒゲのような太い毛が生えてきたと悩んでいる「オス化」した女性に、オススメの抑毛剤です。

ぜひ、1度お試しになってみてはいかがでしょうか。



その他にも男性ホルモン過多によって、ワキ・腕・すねなどの体毛が濃くなっている女性には、「脱毛クリーム」をオススメします!

女性でも使える、除毛効果も高く、肌にも優しいクリームが多く出ています!

各商品を実際に使ってみて、レビューも公開しています。



脱毛クリームの詳細はこちら!










-女性 ヒゲ

Copyright© ゼロファクターの口コミ!~効かないわけない効果・成分・2ch・レビュー~ , 2017 AllRights Reserved.