薄毛にも濃いヒゲにも関係あり!男性ホルモンのメリット・デメリット

投稿日:10月 19, 2017 更新日:

濃い体毛やヒゲ、頭髪の薄毛といった男性が抱える悩みは、一体何が原因となっているのでしょうか?

男性の方は年を重ねるごとに体毛や毛髪の質が変わっていくことがあります。毛が細くなったり、抜けやすくなったり薄毛で悩んでいる人も多いと思います。

実はこういった濃いヒゲや頭髪が薄くなるのには「男性ホルモン」が関係しているのです。今回は男性ホルモンと体毛、薄毛の関係とメリット・デメリットなどについてご紹介します。

 

男性ホルモンの種類

男性ホルモン テストステロン

体毛や頭髪に関係する男性ホルモンには大きく分けて2つのホルモンがあります。

テストステロン

男性ホルモンの9割という大部分を占めているのがテストステロンです。

テストステロンを一言で表すと男らしさ」を強めるホルモンという言い方をされる時があります。

その多さからか男性ホルモン=テストステロンというイメージがありますが、実は男性ホルモンというものは色々な種類が存在します。テストステロンはその一種ということになります。

男女ともどちらも分泌されるホルモンで主に女性では卵巣、男性では睾丸で作られています。ゆえに、男性だけ分泌されるというわけではありません。

テストステロンは加齢とともに減少すると言われていて、20代がピークとされています。テストステロンは男性の成長の過程で必要不可欠なホルモンとも言われ、特に乳児期や思春期に人の体の成長にとって大切なホルモンなのです。

 

ジヒドロテストステロン

ジヒドロテストステロンのその名前に「テストステロン」とついているだけあって、テストステロンと関係のあるホルモンになります。

テストステロンと同様に男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンは、テストステロンに5αリダクターゼという酵素が結びつくことで生成されます。

このジヒドロテストステロンは頭髪の薄毛や体毛の濃さと関係が深いとされているホルモンです。

このホルモンはテストステロンが不足すると生産量が増加する傾向にあります。加齢やその他の理由でテストステロンが減少すると5αリダクターゼとの結合が進む特徴があります。

テストステロンを補うような働きもあり、受容体との結合力も高いので強力なホルモンとしても知られています。

 

 

男性ホルモンの効果

続いて男性ホルモンの効果や働きについてご紹介していきます。

テストステロン

テストステロンは男性の男らしさを強めるホルモンですから、効果としてもそれに近いものがあります。

例えば「筋肉の増量」です。テストステロンの量が多くなれば筋肉がつきやすいと言われています。男らしい体つきを作るために必要なホルモンです。

また、精神的な側面においての効果もあります。

テストステロンはドーパミンの分泌を促す働きもあります。ドーパミンはやる気を起こさせたり、行動を活発にするために必要と言われています。テストステロンの量が多いと行動ややる気にも影響を及ぼすと言われています。

男性ホルモンは性欲にも関係してきます。性欲の維持はテストステロンの量と関係しています。

そのほかにも「記憶力」や「集中力」が向上すると言われているので、身体的にも精神的にも必要不可欠なホルモンということがわかります。

 

ジヒドロテストステロン

ジヒドロテストステロンは男性器の発達や、前立腺肥大の原因にもなると言われています。さらに、薄毛や体毛の濃さに関係している男性ホルモンです。

ジヒドロテストステロンには皮脂の分泌を増やしたり、体毛を濃くするような働きがあります。つまり、テストステロンがジヒドロテストステロンに変わると体毛が濃くなるというメカニズムがあります。

男性ホルモンが多い人はヒゲが濃くなると言われているのはこの関係からです。全ての体毛の原因が男性ホルモンの影響ではないのですが、一因となっているのは事実です。

さらにジヒドロテストステロンは毛母細胞と呼ばれる毛髪の元となる細胞の働きを低下させる作用があると言われています。つまり、ジヒドロテストステロンは、体毛を濃くする働きと頭髪を薄くしてしまう働きと両方が持っています。

 

 

男性ホルモンのメリット・デメリット

男性ホルモン メリット

以上の点から男性ホルモンのメリットやデメリットについてまとめていきたいと思います。

男性ホルモンのメリット

筋力の向上や身体能力の向上、そしてやる気や行動力を高め、集中力を高めることは男性ホルモンのメリットになります。免疫力などにも関係しているので男性ホルモンを増えることは健康的であると言えます。

男性らしい体つきを作り、男性らしい思考を作るのには必要なホルモンなのです。

 

男性ホルモンのデメリット

男性ホルモンのデメリットは、先ほどの働きの説明のところでもしましたが「薄毛」になることが挙げられます。AGA(男性型脱毛症)の原因とも言われるジヒドロテストステロンですので、いたずらに生成が増えてしまうと薄毛に悩まされることになります。

しかし、男性ホルモン全てが薄毛に関係しているわけではありません。先ほども話したようにテストステロンがジヒドロテストステロンへと変化することが問題になるので、一概に全ての男性ホルモンが薄毛に関係しているわけではないので注意しておきましょう。

また、男性ホルモンが増えると、薄毛とは反対に体毛が濃ゆくなることになりますので、ムダ毛などが気になる人にとってはデメリットになります。

 

 

男性ホルモンについてのまとめ

・体毛や薄毛になるのには男性ホルモンの影響が関係している。

・男性ホルモンの種類は「テストステロン」と「ジヒドロテストステロン」の2つがある。

・男性ホルモンのメリットには「筋力の向上」「男性らしい体つきを作る」「やる気・決断力」「性機能」などの向上が挙げられる。

・デメリットには「薄毛」になってしまうこと、また「体毛を増やす」ことなどがある。

男性ホルモンの体に及ぼす効果と「薄毛」「体毛」などとの関係についてご紹介してきました。

濃いヒゲになってしまう原因にも、頭髪の薄くなってしまうことにも男性ホルモンが関係していることがわかったかと思います。



 

 

-男性ホルモン 種類

Copyright© TRY【トライ】 , 2017 AllRights Reserved.