ゼロファクター5αSPシェイブジェルの成分・効果・レビュー ~髭剃りで抑毛する~

投稿日:10月 20, 2016 更新日:

5αSPシェイブジェル

5αSPシェイブジェル

5αSPシェイブジェル」は、ゼロファクターブランドのシェービング剤です。

シェービングジェルは、一般的に髭剃りの際にカミソリの動きをスムーズにして髭を剃りやすくするために使われます。

「ジレット」「シック」「サクセス」「ギャッツビー」などメンズ用製品を作っている大手からも市販されています。

ジェルタイプ以外に、クリームタイプやローションタイプ、昔ながらの泡タイプのシェービング剤まで、種類も様々です。

しかし、「5αSPシェイブジェル」は市販されている他のシェービング剤とは違い、ゼロファクター独自の成分や効能が含まれているのです。

 

 


5αSPシェイブジェルでプレケアする

ゼロファクターブランドで人気のある製品は、「5αSPローション」です。

高い抑毛成分を配合した抑毛ローションとして、大人気製品となっています。

これまで、「5αSPローション」は髭剃り後のアフターケアにて抑毛成分の効果を発揮する使い方が主でした。

しかし、髭剃りを市販のシェービング剤で行っていると、人によってきちんと剃れていないこともあり、5αSPローションが効果を発揮しにくいということになりかねません。

実は、この5αSPローションの効能を高めるために開発されたのが、 「5αSPシェイブジェル」です。

「5αSPシェイブジェル」には5αSPローションを補助する効果があります。

 

今なら、期間限定・数量限定のオトクな割引で、なんと980円で入手可能! ↓↓↓

 

確かな深剃り

髭剃り 深剃り 通常、シェービング剤の役割は保湿成分によって、髭に潤いを与えて柔らかくすることで髭を切れやすくすることです。

経験した人もいるかと思いますが、普通の石鹸や洗顔料をシェービング剤の代わりに使うと、剃り残しがあったり、肌を傷めたりと失敗してしまうことも多いです。

つまり、シェービング剤は、最適な深剃りを実現するのに重要な役割を担っているのです。

しかし、従来のシェービング剤は浸透力が弱く、毛の根元にまで成分が届かず柔らかくならないため、剃り残してしまうことがありました。

それに対して、「5αSPシェイブジェル」は毛の表面や根元だけでなく、 毛穴の奥深くにまで成分が入れるように浸透力を高め、さらには毛のタンパク質を壊す成分も配合することでより毛を柔らかくすることを実現しました。

これにより、カミソリの刃が毛穴深くの毛にまで届くようになり、確かな深剃りができるのです。

 

電気シェーバー対応

電動シェーバー 近年、髭剃り業界での流れの一つが、 「電気シェーバーによるウェットシェービング」です。

防水機能のある電気シェーバーをお風呂での髭剃りに使う髭剃り方法です。

「5αSPシェイブジェル」は、 電気シェーバーでの髭剃りの際にも使えるシェービング剤です。

電気シェーバー用のシェービング剤は、シェーバー内に詰まらないような専用のシェービング剤が出ています。

通勤・通学などで朝からバタバタする日本人は、電気シェーバーを使って髭剃りしている割合が多いそうです。

また、肌が弱くてT字カミソリが使えないという理由で、電気シェーバーを使っている人もいるので、それらのニーズに応えられるように、「5αSPシェイブジェル」も電気シェーバー対応になったと考えられます。

 

再生毛ケア

再生毛ケア ゼロファクターは、「5αSPローション」や「5αGODシリーズ」などを代表とした抑毛剤をメインとしたブランドです。

そのため、「5αSPシェイブジェル」は従来のシェービング剤とは違う、「5αSPローション」と同様の抑毛成分が含まれているのです。

それこそが「再生毛ケア成分」です。

これまでの髭剃り後に抑毛剤でアフターケアするスタイルだけではなく、 髭剃りの時から事前にケアすることで、アフターケアの再生毛ケア効果も高めることが期待できます。

これこそ、「5αSPシェイブジェル」でプレ(事前)ケアして、抑毛効果を高めるというスタイルになります。

プレケア製品としての「5αSPシェイブジェル」は、「5αSPローション」を始めとする抑毛剤を補助して効果を高めるために開発されたのです。

 

 

5αSPシェイブジェルの成分力

ただのシェービング剤ではないという「5αSPシェイブジェル

他の製品と何が違うのか、成分を詳しく調べてみました。

「5αSPシェイブジェル」に含まれている成分は以下の通りです。

水/エタノール/ポリアクリルアミド/カミツレエキス/オウゴンエキス/チョウジエキス/ジオウエキス/サンショウ果実エキス/アロエフェロックス葉エキス/ダイズエキス/ヒオウギエキス/ラレアディバリカタ葉エキス/レシチン/グリコシルトレハロース/加水分解水添デンプン/ポリクオタニウム-51/ラウレス-7/水添ポリイソブテン/結晶セルロース/メントール/BG/グリセリン/フェノキシエタノール

実に23つもの成分が含まれています。 多いですね。

ここでは「」「ポリアクリルアミド」などジェル状を保つために含まれている基本成分以外の有効成分の効能などを細かく一覧表にまとめました。

5αSPシェイブジェル 成分一覧
エタノール
エタノールは、消毒液に使われているアルコール成分の一つです。
肌の表面の雑菌を除去してくれます。

「5αSPシェイブジェル」は髭剃りの際に使うものです。
皮膚上をカミソリが往復するため、皮膚に微細な傷が付く可能性があります。
場合によっては肌を切ってしまうこともあります。
そのため、皮膚表面を殺菌することが重要になってくるのです。
カミツレエキス
カミツレエキスは、化粧水やヘアケア用品などの様々な製品に活用されている成分です。

その効能も、保湿・血行促進・皮膚保護(ニキビ防止)などが代表的です。
髭剃り時の皮膚保護には最適な成分と言えます。
オウゴンエキス
オウゴンエキスには、皮脂分泌を抑制する効能があります。

これは、皮脂分泌の原因である男性ホルモンを抑制する働きによるものですが、実は男性ホルモンを抑制することで髭の成長を遅らせることができるのです。
それゆえ、「5αSPシェイブローション」は他のシェービング剤と違い、抑毛成分が含まれているシェービング剤になるのです。
これは、「5αSPシェイプジェル」の特徴の一つです。
他にも抗アレルギー・肌荒れ防止・紫外線吸収などの効能もあるのは魅力的です。
チョウジエキス
チョウジエキスは古くから漢方薬としても使われてきたチョウジから抽出したエキスです。

殺菌・抗炎症・防腐などの効果があります。
殺菌効果がとても強いため、主に育毛剤やニキビケア用品などで用いられています。
ジオウエキス
ジオウエキスも抑毛効果のある万能成分の一つです。

このエキスには、抗男性ホルモン作用なる効能を持ち、毛の成長を遅らせる効果があります。
抗男性ホルモン作用とは、濃い体毛・髭の原因となるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生成を抑制する働きをすることで、ムダ毛を抑毛する効果を発揮することができると考えられています。
サンショウ果実エキス
サンショウ果実エキスの「サンショウ」は、うな重にかけるあの山椒のことです。

山椒から採れるサンショウ果実エキスは、辛味成分のおかげか、抗菌作用と血流促進作用があります。
主に、薄毛対策の育毛シャンプーなどを中心に配合されている成分です。
アロエフェロックス葉エキス
アロエフェロックス葉エキスは、アロエフェロックスというアロエのエキスで、保湿作用や紫外線吸収作用による美白効果があります。

高い保湿効果で、化粧水や美容液に配合されていて、頭皮ケアにも使われることもあります。
ダイズエキス
ダイズエキスは、抑毛関連製品のおなじみ成分ですが、ダイズエキスに含まれるイソフラボンという成分が男性ホルモンに作用して、発毛を抑制してくれます。

また、他にも肌細胞の活性化・美白効果・抗炎症作用・ニキビ防止・肌の若返り効果など、幅広い効能を持っています。
ヒオウギエキス
ヒオウギエキスも抗男性ホルモンの働きを持つ成分です。

毛の成長因子であるジヒドロテストステロンは、5αリダクターゼという酵素によって生成されます。
この「5αリダクターゼ」の作用を抑制することが目的であるため、ゼロファクターの製品に「5α」という冠名がついています。
ヒオウギエキスも5αリダクターゼを抑制する効果を持っており、効果的な抑毛作用を発揮します。
ラレアディバリカタ葉エキス
なんとなく難解そうな名前の成分ですが、キャピスローという樫の木から抽出されたエキスのようです。

新しめの成分らしく、最近登場した『脱毛石鹸』という製品に使われているようです。
効果として、毛が作られる際の細胞の成長を遅らせる作用があり、結果的に毛の再生を抑制する働きがあります。
また、毛のタンパク質を壊す作用もあり、これも毛の成長を抑制します。
レシチン
レシチンは主に卵の黄身に含まれている食べられる成分です。

乳製品に多く使われており、ダイエット効果・肝臓の保護など体内に良い成分ですが、肌に塗ることも有効です。
保水・保湿効果に優れており、肌の細胞にまで浸透するので、他の有効成分の浸透を助ける働きがあります。
グリコシルトレハロース
グリコシルトレハロースは、トウモロコシから抽出できる成分で、主にヘアケア製品に採用されています。

特徴的な効能は、高い保水力とバリア機能です。
肌に浸透して潤いを与え、皮膚の外部からのダメージをブロックする力を高めます。
これにより、主に紫外線などからのダメージから肌を保護する効果が期待できます。
加水分解水添デンプン
加水分解水添デンプンは、簡潔に言うと「肌をしっとりさせる」成分です。

先述のグリコシルトレハロースと同様に、高い保湿機能と保水力があるので、肌を乾燥から防ぎ、肌荒れしにくい
しっとりした肌にする効果があります。
その効果の高さから、多くのスキンケア製品にも作用されて配合されています。
ポリクオタニウム-51
ポリクオタニウム-51は、科学的に作られた保湿剤です。

化粧水・乳液・ファンデーションなど化粧品製品に使われています。
高い保湿力を持つヒアルロン酸の2倍の保湿力を誇り、水に強い性質なので、雨や汗などで成分が流れるということを防ぎます。
また、元は医療用に開発された成分ゆえ、肌との相性も抜群です。
ラウレス-7
ラウレス-7は別名「ポリオキシエチレンラウリルエーテル」とも呼ばれる乳化剤成分です。

主に、「5αSPシェイブジェル」のジェル状を形成するための成分ですが、清涼感や麻酔作用もあり、かゆみ対策を目的に含まれていることもあります。
ヘアケア製品・育毛剤・歯磨き粉などに含まれており、人体への影響もほぼありません。
水添ポリイソブテン
水添ポリイソブテンは、ファンデーションや口紅・ヘアワックスなど様々な製品に含まれており、製品の粘度調整剤として使われています。

製品の伸びを良くして使用した際の肌触りの向上にも繋がる成分です。
しかしながら、特別な肌ケア効果はありません。
製品の基礎成分の一つです。
結晶セルロース
結晶セルロースはジェル状を形成するためのコーティング剤の一つです。

水分に溶けない性質なので、水に強いのでコーティング作用を発揮します。
しかし、美容効果・抑毛効果などはありません。
メントール
メントールは、メンズコスメやヘアケア製品などによく含まれている成分です。

「スースー」とした清涼感があり、爽快感を演出する効果があります。
それ以外にも抗炎症作用や消臭効果、殺菌効果などもあります。
BG
BGは、ブチレングリコールの略で、製品の防腐剤として配合されています。

しかし、保湿成分としても作用し、防腐剤としての抗菌作用も発揮します。
他の成分よりも配合量が少ないので、防腐剤の効能がメインでしょう。
グリセリン
グリセリンは、内服・外用ともに有効とされ、薬や食品にも含まれています。

化粧品やシャンプー、ハンドクリームなど他の製品への汎用性も高いのが特徴です。
高い保湿効果とニキビやアトピー対策にも効果的な成分です。
また、吸湿性も高いので、周囲の空気中の湿気を使って保湿する作用があります。
保湿で皮膚が柔らかくなることで、毛穴のつまりを改善する効果も期待できます。
フェノキシエタノール
フェノキシエタノールも防腐剤の一種です。

高い殺菌効果で、防腐効果を発揮します。
また、緑茶から抽出できる天然成分なので、安心して使うことができます。

5αSPシェイブジェルも見た目はただのジェル状のシェービング剤の一つに過ぎません。

しかし、成分を一つ一つ見直してみると、各成分の有効性や効能が的確に髭の抑毛、肌の保湿、肌の状態活性などに効果の高さを裏付けていることがわかります。

また、ほとんどが天然由来の成分を配合しており、使う側の肌や毛のことも考えて作られているので、安全面でも信頼できるでしょう。

成分から見てみても、他の市販のシェービング剤を凌ぐ製品ですね。

 

 

「ゼロファクター5αSPローション」も使って相乗効果を!

5αSPシェイブジェルと5αSPローション

ゼロファクターのいいところは、ただシェイブジェルだけをウリにしているわけでないということです。

ちゃんとヒゲを剃った後の肌状態にも注目しており、抑毛効果を高めながら美肌効果も手に入れられるよう「5αSPローション」も開発してくれました。

男性のほとんどは、ヒゲを剃った後に何もしていないと言います。

実はこれが、青ヒゲや濃いひげの原因を作り出している原因でもあるということをここで知っておきましょう。

5αSPローションは、5αSPシェイブジェルよりもさらに多くの有効成分が含まれており、さらには肌のキメも整え、カミソリでダメージを受けてしまった肌を優しくいたわってくれる働きも持っています。

このため、5αSPシェイブジェルでヒゲを剃った後は、絶対と言っていいほど5αローションを一緒に使ってあげた方がいいでしょう。

抑毛のダブル効果が期待できますから、より早くヒゲが薄くなるなどの効果を実感できます。

 

 

どれも使い方はいたって簡単なので続けやすい!

顔剃り スキンケア

抑毛ができる商品というと、なんだか使い方に面倒さを感じるという人もいると思いますが、使い方はいたって簡単です。

普段のシェイブジェルを5αSPシェイブジェルに変え、ヒゲを剃った後に5αSPローションで整えてあげるだけ。 何もめんどくさいことはありませんよね?

普段使っているものをゼロファクターに変えるだけでいいので、なんの負担もなくヒゲを薄くしていくことが可能です。

ここでもっと効率よく効果を実感したいのであれば、5αSPシェイブジェルをちゃんとまんべんなく塗って、1分ほど放置してからヒゲを剃ること。 薄く塗ったのでは意味がないので、たっぷり塗ってあげることがポイントです。

塗った瞬間からヒゲが柔らかくなるのを感じますが、ちょっとだけ時間を置くことでさらに柔らかくなって剃りやすくなります。

さらに、5αリダクターゼの働きを阻止する有効成分がしっかりと毛穴の奥へと届くようになるので、より抑毛効果を高めることができますよ。

もし時間に余裕があれば、ヒゲを剃りたい部分を蒸しタオルなどで温めるのもいいでしょう。

すると毛穴が開いて、より成分が届きやすくなります。

自宅で簡単に抑毛対策ができるので、ちょっと面倒くさがり屋の人でも毎日続けやすいのがゼロファクターの魅力です。

本気でヒゲを薄くしていきたいのあれば、毎日5αSPシェイブジェルを使ってヒゲ剃り、そしてアフターケアに5αSPローションを使ってみましょう!

 

 

5αSPシェイブジェルの料金

5αSPローション

抑毛成分を含んだ特徴的なシェービング剤、「5αSPシェイブジェル」

 含まれている成分の多さや効果の高さもあるため、「いくらで購入できるか?高いのでは?」という疑問も浮かんできます。

実際のところ「5αSPシェイブジェル」の価格は、通常4104円(税込)です。 ただのシェービングジェルではないものの、流石に高いということで大幅に値引きしたようです。

現在の価格は、限定2743円(税込)と、約1300円引きで入手できます。

市販のシェービング剤と比べると、高いというイメージを抱くかもしれません。 しかし、効果や成分力は、比較にならないほど抜群に高いのです。

一度、試してみることをオススメします。↓↓↓



 

 

-5αSPシェイブジェル

Copyright© TRY【トライ】 , 2017 AllRights Reserved.