時短!簡単!ギャランドゥ(腹毛)を早く処理するなら除毛クリーム

更新日:

ギャランドゥ 腹毛

男性の体毛の濃さ、ムダ毛の多さというものは女性ウケのいいものではありません。昔は体毛の濃さは男性らしさの象徴でもある、という意見もありましたが、今では適度に処理し、濃すぎない体毛の方が好みだという女性は多いようです。

特に体の前面の体毛の濃さというものは個人差があり、体毛が濃い人は不潔な印象を持たれ嫌われる傾向にあるようです。

体前面部のムダ毛といえば腹毛やおへその周りに生えている毛、ギャランドゥが気になるところだと思います。

今回はそのギャランドゥ部分の処理方法について、素早く処理をしたいなら除毛クリームがオススメですので、方法やその他の処理方法で行う場合のデメリットなどをまとめておきたいとおもいます。

 

除毛クリーム以外の脱毛方法でのデメリット

それではまずギャランドゥの除毛クリーム以外の方法のデメリットをまとめておきます。

 

カミソリでの脱毛

ギャランドゥのムダ毛処理を行う場合にカミソリを使う人も多いと思います。

確かにカミソリで剃る方法は、手軽で比較的短時間で処理が行えるので、使われる方が多いのだと思いますが、剃り跡が残ったり、剃った後にチクチクと刺激を感じることがあります。これはカミソリで剃った後の毛の状態によるもので、この刺激が煩わしい人にはデメリットになります。

また、カミソリで剃ると毛が濃くなるという人もいます。いくらカミソリで切ったからといって毛髪が太くなるということはありませんが、カミソリで切った毛の断面が太く濃く見えてしまうこともデメリットになるようです。

 

ブラジリアンワックスを使っての脱毛

ブラジリアンワックスというものを聞いたことがあるでしょうか?女性のエステなどでの脱毛方法としてVラインの処理などに使われている脱毛方法です。

粘着性の強いワックスを温めて毛になじませ接着し、一気に引き抜くという方法で、ワックスの粘着により毛を一気にすっきりと脱毛できるのがメリットです。

しかし、一気に毛を引き抜くことで、痛みというものが必ずつきまといます。また、皮膚の下に毛が埋まってしまう埋没毛になってしまうリスクもあります。これら二つはブラジリアンワックスのデメリットと言えるでしょう。

 

家庭用脱毛器を使う方法

家庭用脱毛器も色々とありますが、光脱毛器と呼ばれ、エステでも使われるものが一般的だと思います。

家庭用脱毛器の使い方自体は手軽ではありますが、即効性はありません。その為継続的に使い続けることでの抑毛効果や減毛効果は期待できるのですが、効果自体はその他の直接処理する方法に比べると低いです。

また、本体の価格や消耗品などのコストもかかりますし、継続使用をやめると元の状態に戻ったりすることもあるのでデメリットもあります。

 

お店や病院で行う脱毛

自宅以外に行う脱毛に関しては「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」「光脱毛」など多くの脱毛方法があり、レーザーやニードルは持続性や効果も高く基本的に永久脱毛になります。

しかし、どれも費用はやはり高額で最低でも5万円〜というところが多いです。処理の時に痛みは多少ありますので、効果が高いけれどもデメリットもあります。

 

 

除毛クリームを使用するメリット

除毛 ギャランドゥ

除毛クリームを使用したギャランドゥの処理においてのメリットをまとめておきます。

 

美しい仕上がり

除毛クリームは色々な種類が販売されていますが、ほとんどのものがアルカリ性の薬が入っており、毛のタンパク成分に対して効果を発揮して毛を溶かすことで除毛することができます。

除毛クリームは別名で脱毛クリームとも呼ばれるのでクリームを塗ることで毛が抜けると勘違いされている人もいますが、実は毛を溶かしてカミソリのような剃るような感覚に近いのです。

しかし、脱毛クリームの場合は毛穴の奥にまで浸透させて毛を溶かして取り除くので、カミソリやシェーバーなどを使って処理するよりも見た目が美しく仕上がるのが特徴です。

 

処理後の刺激が少ない

カミソリやシェーバーで毛を剃る場合には毛を剃った断面の問題で処理した後にチクチクするような感じがありますが、脱毛クリームの場合はそのチクチク感が少なくなります。

ムダ毛を処理した後のチクチクする刺激は毛の切断した断面の問題なので、脱毛クリームの場合は毛の切れた断面が丸くなるので刺激が少なくなります

さらにカミソリで剃る場合や毛抜きで抜くような処理をすると皮膚を傷つけやすく、皮膚への侵襲も起こりやすいですが、脱毛クリームはその皮膚を傷つけるという心配も少ないものです。

しかし、あくまでも薬剤ですので自分の肌に合わないものは存在します。脱毛クリームを使う時にかゆみや炎症が起こる場合は肌にあっていない可能性があるので使用を控えましょう。

 

 

脱毛クリームの基本的な使い方と注意点

除毛クリーム 使い方

それでは脱毛クリームの使い方について最後にまとめておきます。

 

肌に合うのかを調べるパッチテスト

先ほど説明しましたが、除毛クリームは肌に合う合わないがありますので、パッチテストを行なって肌への影響を調べた方が安全です。

体の皮膚の柔らかい部分(腕など)に10円玉程度の大きさにクリームを塗ります。

10分程度置いたら水で洗い流し、その後一日程度は様子を見ます。アレルギー症状として肌のかゆみや痛み、発赤や皮膚の膨隆などがある場合は使用を中止しましょう。肌にあっていない可能性があります。

 

お風呂に入った後に使用する

お風呂などにしっかりと身体を温めた後に使用することで、毛穴が開きますのでクリームなどを浸透しやすくなります。

衛生的にも清潔な肌に使用することが大事ですのでお風呂などで汚れを落とした後に使用するのがよいでしょう。

 

細かな注意点

実際に除毛クリームを使用するときの注意点です。

・皮膚はしっかりと乾燥させておく。水分拭き取る。

・塗りムラが出ないように均一にクリームは塗布する。

・濡れたティッシュやヘラなどを使って拭き取る。

・毛が除毛できたらクリームはしっかりとぬるめの湯で洗い流す。

細かな注意点は以上です、何も難しいことはなくて容易にムダ毛の処理ができるのが特徴ですね。

 

 

除毛クリームでのムダ毛処理のまとめ

除毛クリームを使ったムダ毛の処理は比較的に簡単に短時間で処理ができること、アレルギーなどは除いて肌への刺激が少ないことなど、ムダ毛が綺麗に処理できることなどがメリットして挙げられました。

もちろん色々なムダ毛の処理方法があり、使い勝手に個人差もありますが、除毛クリームは刺激も少ないので、剃刀負けや抜くことでの刺激に弱い人にはオススメです。

ギャランドゥ(腹毛)をきちんと処理して、女性から嫌われないように日頃から手入れしておくことが良いと思います。

除毛クリームでの処理においても、他のムダ毛の処理方法とメリット・デメリットを比較して自分に合った方法でケアしましょう。

 

次のページは:ムダ毛の成長を抑える!「ゼロファクター」のレビュー

 

1/2ページ

 

 

 

-ギャランドゥ 除毛

Copyright© TRY【トライ】 , 2017 All Rights Reserved.