はじめての薄毛・育毛ケア!薄毛と育毛の知識と対策方法

更新日:

男性の頭髪の悩みで多いのが薄毛ではないでしょうか。

若い時はそうでもなかったのに年を重ねるごとに少しずつ髪の毛が細くなったり、抜けたりと、薄く気になっていきます。

薄毛ってそもそもどうしてなるの?と思っている人たちのために、今回は薄毛に対しての原因や種類、薄毛対策の育毛剤などに関してはご紹介したいと思います。

 

薄毛の原因と種類について

薄毛 種類

薄毛には色々な原因があります。それを種類別にいくつかご紹介します。

男性型脱毛症(AGA)

男性の薄毛に多いのは男性型脱毛症というものです。略語でAGAなどとも呼ばれます。

この男性型脱毛症は男性ホルモンの過剰分泌が問題とされています。

正確にいうと男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びついてジヒドロテストステロンというホルモンの一種になることによって、薄毛になってしまいます。

ジヒドロテストステロンには毛髪の発育を抑制するような効果があるため、薄毛を引き起こしてしまうとされています。

男性ホルモンは加齢とともに減少すると言われていて、男性ホルモンが減少するとこのジヒドロテストステロンが増加する傾向にあります。なので、加齢とともに薄毛になっていく可能性が高くなるのです。

 

外傷性脱毛症

これは単純に頭皮や頭髪に外側から何かしらの力が加わって起こる薄毛です。

髪の毛をいつも縛っている人や赤ちゃんで同じところが圧迫しながら寝ていると起きてしまいます。長時間髪の毛に刺激や負担が加わって起きるのが外傷性脱毛症の特徴です。

こちらは原因がはっきりすればその原因を取り除くことで改善する場合があります。

 

円形脱毛症

円形脱毛症」という言葉は聞いたことがある人も多いと思います。

原因としてはいくつかありますが、一般的に多いのがストレスの影響です。毎日の生活の中で積み重なったストレス、強烈な体験が引き金になって円形に髪の毛が抜けてしまうのが特徴です。

こちらもストレスの原因を取り除くことで解消する可能性があります。

 

脂漏性脱毛

髪の毛の成長が妨げられると脱毛や薄毛の状態に陥ってしまいますが、その原因が脂やフケが毛穴に詰まって起こるものを「脂漏性脱毛」と呼びます。

毛穴に詰まったフケが頭髪の成長を妨げさらに炎症を引き起こすと「脂漏性皮膚炎」という状態になります。そのような炎症が原因で脱毛を引き起こすのです。

男性は特に皮脂が多くオイリーな人が多いですが、過剰に分泌されたりする人でスキンケアを怠っていると起こる場合があります。

こちらの場合は食事などの食生活も一部影響しています。

 

薬剤性脱毛

こちらはちょっと特殊な例です。

何らかの薬を飲んでいて、その薬の副作用が頭髪に影響し抜けてしまう状態のものを指します。一番有名なところで言えば「抗がん剤」などの副作用です。

強い薬に関してはこのような症状が出てしまう場合があります。抗がん剤以外にも起こり得ますが、頭髪は一部ではなくて全体的に抜け落ちるのも特徴の一つです。

こちらの場合は薬をもらっている医師との相談が必要になってくると思いますので、必ず相談して改善策を立てていく必要があります。

 

 

育毛剤も進化している

昔の育毛剤は副作用が多く、使用している人で皮膚トラブルが絶えなかったようです。皮膚が荒れたりするなどの別の肌トラブルを起こすこともあります。

その当時の育毛剤からすると現代の育毛剤は添加物や香料が少なく、無添加のものを増え、アレルギーを引き起こす可能性は少なくなりました。さらに以前の育毛剤は頭皮の血行を良くするような成分しか入っていませんでした。

育毛成分の進化という部分でも、今の育毛剤は以前のものからすると進化を遂げています

 

 

育毛剤効果

続いて育毛剤の効果について、一般的な成分別に説明していきます。

キャピキシル

キャピキシルという成分には毛が抜けるのを抑制する作用と、毛母細胞を活性化させることでの発毛の作用と両方の作用で育毛に効果があるとされています。

天然由来の成分であるためアレルギーも少ないとされています。薬である以上0とは言えませんが、以前の育毛剤に含まれている成分と比べると少ないと言えます。

 

ミノキシジル

ミノキシジルは血管の拡張のために開発された成分であり、発毛効果があることから発毛剤として販売されています。一般的に販売されている育毛剤の中でもポミュラーな成分として知られています。

血管拡張に伴う血流の活性化の効果から頭髪の成長の効果があり、発毛を促すことができます。スカスカな頭皮の改善と髪が黒く太くなるという効果が期待できます。

 

M-034(褐藻エキス)

M-034という成分は、ミノキシジルと同等の育毛効果があると言われている成分です。

昆布やわかめなどのヌメリの成分から抽出されるエキスのことで、外毛根鞘細胞の増殖を促す効果保湿力を持っている成分です。抜け毛を少なくすることや、頭髪の弱るのを抑制するような効果が期待できます。

 

 

育毛ケアシャンプーの方法

最近では育毛を促すためのシャンプーというものがありますが、基本的には普通のシャンプーと使い方は一緒です。しかし、洗い方を間違えると頭髪に悪い影響を与えてしまうので、正しい洗髪方法についてご紹介します。

洗髪の、特に薄毛に対して行う洗髪の基本は刺激を与えすぎないことです。シャンプーは手のひらを使ってしっかりとあわ立てます。あわ立てたものを髪にのせ洗髪していきます。

原液が直接皮膚に触れるのはあまり良くありません。また、髪の毛を洗髪するのではなく、指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗っていくことが大切です。

洗い終わった後はドライヤーでちゃんと乾かしていきます。濡れたままの頭皮は冷えて血行が悪くなるため育毛に悪いとされています。ドライヤーはなるべく低温で乾かす方が髪を傷めません。乾かしすぎるのもまた良くありません。

 

 

薄毛と育毛に関してのまとめ

・薄毛の原因には「男性ホルモン」や「外傷性」「ストレス」「薬剤性」などたくさんの原因がある。

・現代の育毛剤は以前の育毛剤よりも進化している。

・育毛剤の成分には「キャピキシル」「ミノキシジル」「M-034」などがある。

・育毛ケアシャンプーなどで洗髪をする場合、「刺激しすぎないこと」「濡れたままにしないこと」「乾かしすぎないこと」

薄毛に対する育毛とケアの方法についてでした。

薄毛でお悩みの方の参考になればと思います。

 

次のページは:男を上げるヒゲ抑毛ケア!「ゼロファクター」

 

1/2ページ

 

 

 

-薄毛 種類

Copyright© TRY【トライ】 , 2017 All Rights Reserved.