AGA治療育毛剤!プロペシアとミノキシジルとは?違い・効果

更新日:

男性で薄毛が気になってしまうという方はいると思います。加齢とともに薄毛が進んでいき、それがコンプレックスに思ってしまう人が多いようです。

薄毛が気になって何か対策したいのだけどどうしたらいいのかわからない。

そもそもどうして薄毛になるでしょうか?

薄毛の治療を始める前になぜ薄毛になるのか、その治療としてどんなものがあるのかなどについてご紹介したいと思います。

 

AGA(男性型脱毛症)について

AGA 男性型脱毛症

男性の薄毛の原因で多いのがこのAGA(男性型脱毛症)というものです。

AGAを引き起こす原因は、男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)が生成されるためです。DHTは毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体とくっつくことによって毛周期のサイクルに乱れが生じてしまいます。通常は抜け変わる時期でないときに毛が抜けてしまうことで薄毛を招いいてしまいます。

AGAの特徴は、薄毛になる過程がゆっくりとしていることにあります。髪の毛の頭頂部もしくは額の部分から薄くなり始めます。毛のサイクルの乱れによって毛髪が太く強くなる前に毛が抜けてしまい薄毛となってしまうのです。

 

育毛剤と発毛剤

一般的に育毛剤発毛剤を区別するときに言われるのが、育毛剤は「髪の毛を育毛し、抜けにくくする」というもので、発毛剤は「新しい髪の毛を生やす」効果があるというところです。

この2つは実は似ていますがその効果には違いがあります。育毛剤はどちらかというと効果が穏やかで刺激が少ないものが多いです。

育毛剤の効果は、発毛を促すためにフケやかゆみを抑えます。そして頭皮の血行を良くして養毛効果を与えます。頭皮の血行がよくなると毛が抜けにくくなるという効果も生まれます。

抜け毛の予防という意味合いが強く、市販品は特にクリニックなどで使われている薬に比べると効果が弱い傾向にあります。

続いてAGA治療薬として一般的に使用されているポピュラーな成分についてご紹介します。

 

プロペシア

プロペシアとは主成分にフィナステリドと呼ばれるものが入っているAGA治療薬です。

そもそも前立腺肥大症の治療薬としてもこの成分は使われていましたが、AGA治療を行なっているクリニックや病院で出してもらえる薄毛のための治療薬としても活用されています。プロペシアに抗アンドロゲン作用というものがあり、この作用によって男性ホルモンの働きを抑える作用があります。

AGAのところでも説明しましたが、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化し、毛穴に作用することで薄毛を誘発します。プロペシアはテストステロンが変化するのを抑制してくれる効果があります。

 

ミノキシジル

こちらもAGA治療薬としては広く知られている成分です。

ミノキシジルというのはあの有名な育毛剤「リアップ」にも使用されている成分です。全国的にも認知度が高く、発毛効果も認められています。

元々は高血圧の治療のために開発されている成分のようです。高血圧には血管を拡張させることで血圧を下げる効果がありますが、ミノキシジルにも同様の効果があり、頭皮の血流を高めることによって栄養を与え、毛髪の再生を促します。

ミノキシジルには塗るタイプと飲むタイプのものがあります。外用剤に関しては市販品のものにも使われているものが多く、ポピュラーな育毛成分といえます。

 

 

プロペシアとミノキシジルの違いについて

先ほど説明しましたが、プロペシアはまずホルモンに作用して薄毛を予防します。それに対してミノキシジルは血管拡張作用と血流の促進から毛髪の再生を促します。同じように薄毛に効果があるのですが、アプローチの方法が違います。

プロペシアはどちらかというと脱毛を予防することで薄毛に対してアプローチし、ミノキシジルは毛根に刺激を与えて毛を育てることで助けるようなアプローチです。

 

育毛成分の副作用について

どちらも薬には違いなくAGAに対する効果も期待できますが、服用や外用剤については副作用もあるので注意しておきましょう。

プロペシア

医薬品によく見られる副作用として吐き気や頭痛、下痢といった症状を起こすことが可能性としてあげられています。

また初期脱毛と言って、使い始めに毛が抜けてしまうということも副作用としてあるようです。こちらはヘアサイクルが正常な状態に戻るために一時的に起こり、服用開始から3日〜1週間程度に起こるようです。1ヶ月程度でヘアサイクルが正常に戻ると言われています。

さらに特徴的な副作用として「性機能障害」を起こすとも言われています。一般的な症状だと勃起不全などのEDの症状になります。プロペシアはもともと男性ホルモンに関与して抜け毛を予防しますので性機能に何らかの障害を起こす可能性が0ではないということでしょう。

もちろんAGA治療を専門に行っているクリニックで使われている薬ですので、安全性は高いものですし、医師と相談しながら服用すれば問題のないものです。何の薬にしても異常がある場合は中断し、医師に診察してもらうことは必要です。

 

ミノキシジル

血管拡張作用によって起こりうる副作用として低血圧が挙げられます。いつも違う感じやフラフラとするような症状が出る場合は医師の診察を受けましょう。

続いて循環器の症状として不整脈が起こる可能性があります。胸苦しさや動悸には注意しておきましょう。

ミノキシジルの特徴的な症状としては体毛が濃くなるという報告もあります。

髪の毛を生えやすくする薬ですから体毛にも影響を及ぼすようです。プロペシアと同様、生欲の減退や機能障害も見られるようですので、使用に関して気になることがあれば医師の診察を受けましょう。

 

 

プロペシアとミノキシジルの効果と違いのまとめ

・育毛剤は毛の成長を助け、発毛剤は毛自体を生えさせるような効果が認められている。

・プロペシアは男性ホルモンに作用して、毛が抜けるのを予防する守りの効果がある。

・ミノキシジルは血管の拡張作用によって頭皮の血流を良くする作用がある。

・プロペシアにもミノキシジルにも共通して挙げられる副作用としては「性機能障害」などが挙げられる。

色々な効果と副作用そして、それぞれの育毛、発毛に関するアプローチは異なります。

それぞれの違いを理解してから頭髪のケアを行うことが大切です。

 

次のページは:男を上げるヒゲ抑毛ケア!「ゼロファクター」

 

1/2ページ

 

 

 

-AGA 育毛剤

Copyright© TRY【トライ】 , 2017 All Rights Reserved.