体臭 体毛

気をつけろ!濃い体毛が体臭の原因になっているかも?その原因は?

更新日:

体毛が濃いことでムダ毛が目立ち、肌の露出が気になりコンプレックスになっている人もいると思います。

しかし、体毛は濃いのは見た目のコンプレックスだけではなく、体臭の原因にもなっていることをご存知でしょうか?

ムダ毛は処理できてもニオイが残るのは嫌ですよね。

今回は体毛と体臭の関係とその対処方法についてまとめておきたいと思います。

 

体毛と体臭の関係性

それでは最初に体毛がどのように体臭と関係しているのかについてです。

そもそも体臭というものは、体から出る汗と皮脂によって起こります。これらが混ざり合って時間が経つことで臭いの強さも大きくなります。

皮脂は体毛の毛穴から分泌されます。毛穴の大きさが大きくなると皮脂の溜まる量も相対的に多くなります。つまり、体毛が濃くて太いということは毛穴も大きいということになるため、毛穴に貯まる皮脂の量も多いということに繋がっていきます。

これが、体毛が体臭に関係しているということの所以なのです。

さらに、汗は毛穴の中の汗腺から分泌されるため、汗と皮脂が混ざり合いやすい環境だということがわかりますね。体毛が濃くなると汗で蒸れやすくなりますので体臭の原因となりうるでしょう。

 

臭くなるメカニズム

それでは体臭が臭くなるメカニズムと体毛との関係も見ていきましょう。

毛の細菌が繁殖すると体臭が増える

体毛が多いことで体の表面積が大きくなります。これはニオイの原因となる雑菌が増えやすい場所が広くなることでもあります。

さらにバクテリアやアクネ菌などの雑菌は汗や皮脂を栄養分としています。つまり毛穴に皮脂、汗などをためやすいムダ毛の濃い人は雑菌の繁殖を促してしまう環境になってしまっているということになります。

雑菌などはその繁殖する過程でノネナールというニオイ成分を作っています。ノネナールとは加齢臭の原因とも言われる強いニオイの元です。つまり、雑菌が汗や皮脂を栄養として繁殖することで強いニオイが作られているのです。

 

男性ホルモンが多いと体臭も増える

体毛が濃くなる原因としてはテストステロンという男性ホルモンが影響していることが多いです。テストステロンの分泌量が多くなると体毛は濃くなります。男性ホルモンが過剰に分泌され、皮膚にて酵素と反応するとジヒドロテストステロンという物質に変化します。

この物質は皮脂の分泌を活性化すると言われていますので、男性ホルモンが多い=体毛が多くなる、さらに皮脂の分泌も多くなるということで男性ホルモンが多いと体臭がきつくなる原因となります。

 

 

適度なムダ毛処理が有効

体臭 ムダ毛処理

ということで体毛が原因の体臭の場合は、基本的にはムダ毛の処理を行うことが対処法になります。

それではムダ毛の処理方法いくつかまとめておきます。

カミソリ・シェーバー

カミソリやシェーバーでのムダ毛の処理方法が一番多いのではないでしょうか。手っ取り早くムダ毛を処理することができるのはカミソリやシェーバーを使った方法です。

比較的簡単に処理できるので便利なのですが、いくつかデメリットもあります。

カミソリはジェルやクリームを使って毛を処理したとしても皮膚表面を傷つける可能性が高いです。なので、皮膚が弱い人にはあまりお勧めできません。刺激が少なからずあります。

また、カミソリで継続的に処理し続けることで黒ずみや色素沈着などを起こす可能性もあります。それに剃った断面の毛の関係で毛の成長時にチクチクするような刺激を伴う場合もあります。

 

除毛クリーム

脱毛クリームと呼ばれる場合もありますが、毛のタンパク質に反応して溶かすことで除毛効果を生む薬剤です。

薬剤を使うので肌に合わない場合も少なからずありますが、今は保湿効果などの皮膚のケアも同時に行ってくれる除毛クリームも販売されています。薬剤を塗布してから早ければ5〜10分程度でツルツルに除毛できるので早く効果を得たい場合やカミソリ負けなどを起こす人におすすめできます。

 

抑毛ローション

こちらも薬剤を使った方法ですが、除毛クリームや脱毛クリームと違って毛を除去するというよりは毛の成長を抑制して、毛を細くしたり生えにくくする効果があります。

効果の即効性は期待できません。早くても2~3ヶ月程度効果を実感するまではかかるようですので、すぐに効果を期待したい人にはおすすめできません。

しかし、抑毛ローションにはムダ毛の処理を行いやすくしたり、脱毛後の皮膚のアフターケアにも使用できますので他のムダ毛処理と併用して使われている人もいます。

 

 

体毛処理しすぎると逆効果になることも

基本的には体毛は薄くなる方が体臭は減る傾向にありますが、個人差によって毛が無い方でもに体臭が増える場合もあります。

これの原因は多くはワキガとされています。脇からの体臭がきつくなるワキガですが、脇の毛を脱毛することでエクリン腺、アポクリン腺という汗を分泌させる部分を刺激して汗が逆に多くなるような場合もあるようです。

汗が多くなることは先ほども説明しましたが、雑菌が繁殖しやすい状態になりますので体臭も強くなる原因となります。

しかし、いろいろな種類の脱毛方法がありますが、脱毛するから逆に汗の量が増えるということの医学的な根拠というのははっきりとしていないようです。

ただし「汗が増え、体臭が強くなった」と感じている人がいるのも事実です。

 

 

ムダ毛処理後のケア

ムダ毛を処理しただけではニオイが消えない場合もあります。なので、ムダ毛の処理をした後のケアも体臭予防には重要です。

基本的には皮脂や汗が原因ですから、体を洗う時にニオイが気になる部分を丁寧に優しく洗うということが大切です。

しっかりと強めに洗ったらダメなのでしょうか?という意見もありますが、そもそも、皮脂には肌の保護をするという目的があります。そこで、皮脂を落とそうと強くしっかりと洗うことで、逆に皮脂の分泌量が増える場合があります

分泌量が増えると、余計に体臭がきつくなる場合があります。なので、適切な量の皮脂量を保つような洗い方が重要になってきます。

さらに間接的にですが、食事でも皮脂量が変わってきます。脂質の多い食事に偏れば皮脂量が多くなってしまいます。またビタミンCには皮脂分泌抑制効果などがありますのでビタミンCの入った食べ物を摂取することは体臭を抑える効果を期待できます

体毛と体臭についていろいろと調べてきましたが、体毛が濃いことと体臭とは関連性があることがわかったかと思います。

基本的にはムダ毛の処理を行うことで体臭は抑制される傾向にありますので参考になればと思います。

 

 

体毛と体臭の関係についてのまとめ

・毛の濃さと体臭には相関関係があり、雑菌の繁殖しやすい環境が作られることで体臭に影響がでる。

・ムダ毛を処理することで、皮脂や汗の量を調整することは体臭のケアに有効。

・個人差はあるが、脱毛やムダ毛の処理をしすぎると逆に体臭がきつくなることもある。

・ムダ毛の処理だけでなく、体毛の生えている部分の洗い方や食事によって体臭を軽減できる。

上記は体毛と体臭の関係について簡単なまとめです。体毛が体臭と関係していることはわかったかと思います。

ムダ毛が多く体臭も気になる方はムダ毛の処理を一度考えてみてもいいのかもしれません。

 

 

1/2ページ

 

ゼロファクター5αSPローション

 

ゼロファクター5αSVリムーバー

 

育毛剤!チャップアップ
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

 

-体毛 体臭の原因

Copyright© TRY【トライ】 , 2017 All Rights Reserved.