髭 抜く

NULLリムーバークリームを髭(ヒゲ)にも使える!?痛みや副作用が気になる

投稿日:

NULLリムーバークリームで濃いヒゲを一気に処理できる!?

男性は、ヒゲが濃いとカミソリやシェーバーを使って剃るのも一苦労です。剃ると跡が青髭になったり、カミソリ負けで皮膚がヒリヒリと痛かったりと気になります。もっと簡単に痛みや炎症も少なく濃い髭を処理できる方法はないのでしょうか。

と思いついたのが、最近人気が上昇してきている除毛クリームです。塗るだけで簡単にムダ毛を処理してしまう働きがあり、ムダ毛が濃くて多い男性に人気があります。特にNULLリムーバークリームは除毛効果が高いと評判で、各大手通販サイトでランキングトップになるなどかなりの人気となっています。

では、除毛効果が高いとされるNULLリムーバークリームを利用して、濃いヒゲを除毛してみるということはできるのでしょうか?

実際のところ結論として、NULLリムーバークリームで髭を除毛することはできません。というより、NULLリムーバークリームを顔に使用することができないのです。

理由は、皮膚に刺激のある成分が含まれているからです。

NULLリムーバークリームの成分一覧を見ると、有効成分であるチオグリゴール酸カルシウムは、毛を構成しているタンパク成分を溶かすことで除毛効果を発揮する一方で、成分が肌に刺激を与えてしまうという特徴があるのです。

美肌ケアや保湿ケアのための成分も含まれているため、チオグリコール酸カルシウムの肌への影響を抑えることができてはいますが、顔の皮膚は他の部分と比べて薄いので、完全に刺激を抑えることは難しいようです。

特に皮膚の薄い顔やデリケートゾーン周辺などに使用すると少しばかり赤みや炎症、肌荒れなどを起こしてしまう可能性もあるのです。

さらには、皮膚だけでなく目や口などからクリームが入ってしまう危険性もありえます。こういった理由もあり、NULLリムーバークリームを髭の除毛に使うことはできないとされています。

髭以外の身体のムダ毛処理には最適なNULLリムーバークリーム ↓↓

 

 

NULLリムーバークリームを髭や顔の毛に使うとどうなる?

NULLリムーバークリームを顔に使うと炎症を起こしてしまう可能性があるというのは、配合されている有効成分チオグリゴール酸カルシウムがアルカリ性の成分だからです。

アルカリ成分はタンパク質を溶かす性質あり、NULLリムーバークリームなどの除毛クリームはこの性質を利用して体毛を溶かして除毛しています。顔やデリケートな部分に使用できないのは肌も体毛と同様にタンパク質でできているからです。その上、体毛の中でも太いヒゲは溶けるのに時間がかかり、より多くの刺激を肌に与え、皮膚を溶かしてしまうことになります。

使用後には肌荒れや色素沈着をはじめ、毛穴へのダメージも大きく、毛穴の黒ずみにもつながり、結果として肌に深刻なトラブルを招きかねません。

 

 

髭にはNULLリムーバークリームより肌に優しい抑毛ローションがおすすめ

では、ヒゲを剃る以外の方法で濃い髭を処理するにはどうしたらよいのでしょう。

この場合は抑毛ローションを使用するとよいでしょう。抑毛ローションは、体毛の成長を抑制する働きがあるローションで、主成分は女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンなどでヒゲを細く目立たなくしていきます。このため、徐々に髭が薄くなっていき、ヒゲ剃りが楽なったり、回数を減らすことができます。

抑毛ローションの最大のメリットは、肌に優しいということです。抑毛ローションは植物由来の成分で作られており、敏感肌でも肌荒れをしにくく除毛クリームとは異なり、顔やデリケートゾーンなど肌の弱い部分にも使用が可能です。

また、除毛クリームの場合は塗ってからしばらく放置・洗い流すという手間がかかりますが、抑毛クリームならさっと塗るだけです。ただし、抑毛クリームの場合、除毛クリームのような即効性は期待できません。抑毛ローションはホルモンで自然に体毛が薄くなるのを促すため、脱毛されるわけではないからです。効果としては早くても1か月、平均的には3か月ほどで、ヒゲ剃りが楽になったと感じられるようです。

 

では、抑毛ローションにはどんなものがあるのでしょうか。

おすすめは、ゼロファクター5αSPローションパイナップル豆乳ローションです。肌にも優しく、抑毛効果があります。

ゼロファクター5αSPローションは毛乳頭に発毛指令を促す5α-DHTの発生を防ぐために、5αリダクターゼ対策成分であるダイズ、ザクロ、ガウクルアなどのエキスを豊富に含んでいます。さらにこれらの成分を毛根へ深く浸透しやすいようにナノ化することでさらに効果を高めています。対策成分はすべて天然成分なので、肌にやさしく使用する人を選びません。

また、パイナップル豆乳ローションは有効成分を肌の奥へ届けるためにエタノールが余分な皮脂や汚れを取り除き、黒胡椒由来のコスモペリンが成分の浸透を助け、タンパク質分解酵素のパイナップルエキスとパパイン酵素が働きかけながら肌をやわらかくしていきます。さらに抑毛効果と美肌ケアにおいて最適な組み合わせになるよう、植物性イソフラボンとしてダイズとアイリスが使用されています。化粧水として開発されているため、スキンケア感覚で使いながら、徐々にムダ毛の処理が楽になり美肌効果も期待できます。

価格がいくらか気になるところですが、ゼロファクター5αSPローションは初回なら通常9000+税のところ980円+税、パイナップル豆乳ローションは通常2500円+税のところ、3点以上の購入で1980円+税となります。

このように、抑毛ローションだけを使用していればいいというわけではなく、ヒゲ剃りを並行して行うことで効果が実感できるようになります。また、除毛クリームなどの他の除毛方法にもいえることですが、抑毛ローションも効果には個人差があります。使用する回数を変えてみたり、お風呂上がりの毛穴が開いた状態で使用するといった工夫をすることで、よりよい効果が期待できます。

 

 

 

 

1/2ページ

 

ゼロファクター5αSPローション

 

ゼロファクター5αSVリムーバー

 

育毛剤!チャップアップ
モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

 

-NULLリムーバークリーム 髭

Copyright© TRY【トライ】 , 2018 All Rights Reserved.