髭が生えてくる意味とは?~どうして髭が生えるの?生える理由・役割と歴史~

更新日:

なぜ髭(ヒゲ)が生える?髭の意味

髭 意味

髭(ヒゲ)は、男性ホルモンの分泌により、小学校高学年頃から中学生頃の思春期以降に発毛します。

髭の濃さや量には個人差があり、人種によっても違います。

女性でも髭の濃い人種がいたり、病気などが原因で髭が濃くなる場合もあります。

顔には平均して20000~30000本の髭があり、1日に0.2~0.4mmほどのペースで伸びています。

そのペースは一定ではなく、朝の6時~10時頃までが、もっとも活発に髭が伸びる時間帯です。

逆に、昼ごろがもっとも髭の伸びない時間帯で、夕方頃から再びペースが上がりますが、深夜になるとペースが鈍ります。

髭は時間帯だけではなく季節の影響も受けており、春から秋にかけて伸びるペースが増していき、9月をピークに2月にかけて伸びる速度が鈍っていきます。その理由はいまだ解明されておりません。

 

髭は意味があるのか 髭(ヒゲ)の役割とは?

髭の意味・役割に関しては諸説あり、身体保護のためという説もあります。

頭部などは早い段階が毛が生え揃い、身体を保護する役割を果たしています。

しかし、髭は身体の保護が必要な幼少期には存在していない上に、髭の生えていない女性幼児がそれにより不利益を被っているわけではないことから、身体保護説は説得力に欠けると言われています。

古代の世界では、今では考えも及ばないような理由で髭が役立っており、そのためになごりとして今でもの髭が残っている可能性もあります。

たとえば孔雀の羽のような形で、実用性というよりも言葉のない時代のセックスアピールの方法に関わっていたのかもしれません。

現在でも中東諸国などで男性にとって髭は必要なものであると考える傾向にあり、みな豊かな髭をたくわえています。 しかし、現代では多くの若い男性が無用と考えており、永久脱毛をするケースが増えています。

 

 

人と髭(ヒゲ)の歴史から髭の意味を考える

戦国時代までは豊かな髭は男性性を誇示するための道具でしたが、江戸時代になると上級の武士のあいだで髭を剃る習慣が広がりはじめました。

17世紀後半に徳川家綱による「大ひげ禁止令」が施行され、髭を蓄える行為が制限されるようになりました。

その後、江戸時代の間は髭=野蛮というイメージが浸透しますが、幕末になって日本を訪れた外国人たちの髭を蓄えた姿をきっかけに、髭が野蛮性ではなく知性を表すものに変わっていきます。

日本の近代化で月代が廃れるなかで並行して髭を蓄える文化が復活したのです。

そして軍国主義が到来するなかで髭は権威の象徴へと変わっていきます。

戦時中は具体的な規則は存在しませんが、将校たちが髭を生やし、一般兵士たちは髭を剃るのことが一般的だったようです。

髭をめぐる事情の二転三転は続き、戦後になると髭を剃ることがエチケットと言われるようになります。

高度経済成長期には髭を剃ることはサラリーマンのたしなみとされ、アンケート結果では髭を生やしている人間の比率が5%程度だったそうです。

髭は各時代で様々な役割や意味を持ってきたということがわかってきますね。歴史の観点から見てみると、髭の意味も次第に理解できるようになってきます。

毛を薄くする技術も年々進歩していて、最新のクリームは、とても肌にもよく、最大限に効果を発揮してくれます。

男性ホルモン過多によって髭が濃くなっている方、青髭に困っている方、毛の濃さを抑えたい方には、一度「脱毛クリーム」を使ってみることをオススメします!

各商品を実際に使ってみて、レビューも公開しています。

 

脱毛クリームの詳細はこちら!

 

次のページは:濃い髭対策にヒゲ抑毛!「ゼロファクター」のレビュー

 

1/2ページ

 

 

 

-髭 意味

Copyright© TRY【トライ】 , 2017 All Rights Reserved.