No social menu have been created yet. Create one.
シェービングクリーム

最高な髭剃りのためのシェービングクリームの選び方~ウェットシェービング・ドライシェービング~

シェービング剤の役割

シェービングクリーム選び

世の中の男性のほとんどが、髭剃りの際にシェービングクリームを使っていると思います。

髭剃りを始めた頃から当たり前のように使っていますが、その役割や種類、違いなどは意外と知らずに使っているような気がします。

私たちは勝手に、シェービングクリームの役割はカミソリの滑りを良くして皮膚を傷つけないためというイメージしかありませんでした。

しかし、具体的にはカミソリの滑りを良くする以外にも、髭にクリーム成分が浸透して柔らかくする役割髭剃り後の皮膚の保湿効果があります。

種類によっては、美肌成分を配合していたり、消炎成分を配合して傷んだ皮膚を炎症しにくくしたりと様々な役割があります。

これらの役割で、髭が滑らかに剃りやすくなること、皮膚を傷つけにくくなること、皮膚の肌荒れや乾燥を防ぐこと、などの諸効果が期待できるため、髭剃りを行う際にはとても重要なものです。

人によっては通常の石鹸を使って髭剃りを行う場合もあるが、石鹸により油分が飛ばされて滑りが悪くなり、髭剃りによって皮膚を傷つけてしまうことが多々あります。

ヒリヒリ痛んだり、出血する傷をつけてしまうということがないように、シェービングクリームをつけて、安全な髭剃りを行いましょう。

 

 

シェービング剤の種類

シェービング剤 種類

シェービングクリームと言われて、ふと思い出すのは、男性の口周りに白い泡状のクリームを塗っている様子だと思います。

オーソドックスなシェービング剤は、昔ながらの泡クリーム状のフォームタイプですが、決してそれ1種類だけではありません。

他にもジェルローションタイプクリームタイプオイルタイプジェルフォームタイプなど様々な種類があります。

フォームタイプは、ポピュラーな泡状のクリームですが、床屋でのシェービングで使われるようなシェービングブラシで泡を立てて作られる昔ながらのクリームや、市販製品のスプレー缶から出てくる泡クリームも同じ種類です。

ジェルタイプは透明なジェル状のシェービング剤で、フォームタイプが口周りを白い泡で覆って髭が見にくくなるのに対して、透明なジェルで髭を見やすくして毛を確認しながら剃ることができます。

また、フォームタイプとジェルタイプを合わせたジェルフォームタイプは、容器から出した際はジェルタイプで、塗っていく内に泡状に変化していくという特徴を持っています。

クリームタイプは、泡立たないクリーム状のシェービング剤で、多くのシェービング剤に清涼感を出すような成分が入っているのに対して、含まれておらず、乾燥肌用に保湿成分や美肌成分が多めに入っています

日本ではあまり普及していませんが、最近海外から進出してきたのがオイルタイプのシェービング剤です。油分をメイン成分として潤滑油の作用でカミソリの滑りを良くしており、通常の髭剃りで皮膚の油分が減ることで乾燥肌や肌荒れになりやすくなるところを、油分で肌の保湿効果も高めています

それぞれに特徴や髭剃りにおける高い効果を持っているので、実際に使ってみて、自分の髭や肌に合うかどうか、髭剃りをしやすくなるかなどの判断材料で最適なシェービング剤を選ぶのが良いでしょう。

 

 

ウェットかドライか

ウェットシェービング

これらのクリームやジェル状のシェービング剤をつけて、髭を湿らせてから行う髭剃りを「ウェットシェービング」といいます。

昔から髭剃りの手法の王道であり、髭を濡らして、潤滑剤をつけて、カミソリで剃るという方法は基本的には変わってはいません。

ウェットシェービングの特徴は、シェービング剤やぬるま湯などで、髭に水分を含ませると髭が湿って柔らかくなり、髭を剃りやすくなるということです。

メリットとして、キレイに深剃りができて、髭剃り後の剃り残しが少ないという点です。髭が柔らかくなることで、毛が立ちやすくなり、より根元にカミソリが届きやすくなるので、深剃りがしやすくなるのです。

デメリットは、直接カミソリの歯を皮膚に当てるので、カミソリ負けを起こしてしまうという点です。肌の弱い人は特に酷いカミソリ負けになるため、ウェットシェービングによる髭剃りをできないという人もいます。

ウェットシェービングに対して、髭を湿らせず、電動カミソリで乾いた髭を剃るのが「ドライシェービング」です。

時間に追われる日本人男性には、電動カミソリで手軽に短時間でできるドライシェービングで髭剃りをしている人も多いでしょう。

事実、ドライシェービングで髭剃りをしている人の方が多いというアンケート結果もあるそうです。

メリットは、やはり簡単という点に尽きます。

ウェットシェービングのように洗面所で水やシェービング剤を使うということもなく、自分の部屋でもでき、電気カミソリ一つで簡単に髭を剃ることができます。

非常に簡単なため、時間もかからず、日頃忙しい日本人男性にはとても重宝されています。

デメリットは、電気カミソリでは深剃りがしにくい点です。

ドライシェービングは、髭を湿らさずに剃るので、毛が柔らかくならず、あまり深く剃りにくいのです。

電気カミソリというのも、深剃りしづらい要因でしょう。

電気カミソリは内刃と外刃の2重の構造になっており、外刃が髭を立てて、内刃で髭を切る構造です。

そのため、どうしても髭の根元まで刃が届かないのです。

その代わり、刃が直接皮膚に当たりづらくなっており、カミソリ負けをしにくいのです。

恐らく、ほとんどの方がこれら2つの方法を使い分けて髭剃りを行っていると思います。

単純に深剃りしたい方はウェットシェービング、日常的に忙しい方やカミソリ負けしやすい方はドライシェービングがそれぞれ合うと思われます。

実際に自分の髭や皮膚と相談の上、最適な髭剃り方法を選ぶのがよいでしょう。

 

[kizinai]

 

ハイブリッドシェービング

電気カミソリ

近年、ウェットシェービングとドライシェービングを掛けあわせた、新しい髭剃りのスタイルが登場しました。

それは、つまり、電気カミソリでウェットシェービングをするというものです。一度聞いただけだと、どういう方法なのか想像するのが難しいと思います。

電気製品のカミソリを水で濡らしてしまうという発想は、なかなか出てこないです。

これは、髭にシェービング剤をつけてから、通常カミソリを使って剃るところを、電気カミソリを使うという方法です。

この方法の最大のメリットは、深剃りと皮膚への負担軽減です。

元々、ドライシェービングでは髭に何もつけないので、髭が硬いまま立たず、深剃りができなかったが、シェービング剤をつけることで髭が柔らかくなり、電気カミソリでも深剃りができるようになったのです。

また、シェービング剤の潤滑効果により、電気カミソリと皮膚の摩擦も少なくなり、皮膚への負担も軽減されます。

デメリットは、ウェットシェービングに対応した電気カミソリや電気カミソリを使えるシェービング剤が少ないこと、シェービング剤を使った後の電気カミソリの手入れをすることです。

しかし、この方法も徐々に普及しつつあり、ウェットシェービング対応の電気カミソリや電気カミソリが使えるシェービング剤も増えてくるでしょう。

シェービング剤をつけた後の手入れは、使っている内に慣れてくると思われます。

通常のウェットシェービングとドライシェービングを掛けあわせた、ハイブリッドシェービング方法として、今後さらに進歩・普及していくと考えられます。

簡易的に髭を薄くしたいなら、安価で使える「脱毛クリーム」をオススメします!

各商品を実際に使ってみて、レビューも公開しています。

 

脱毛クリームの詳細はこちら!

 

次のページは:髭剃り後に塗りたいアフターケア。「ゼロファクター」でヒゲを抑える!

 

1/2ページ

 

8 comments

  1. […] シェービング剤の種類において、一般的なシェービングフォームやジェルタイプのものに加えて、ジェルタイプのものよりも固めであるという、シェービングクリームワックスというものが存在します。これは水を足すことによって泡立ち、さらに柔らかくすることが可能というシェービング剤であって、これから注目すべきものの一つです。 クリームワックスのメリットは、シェービングフォームよりも固いため、ヒゲを剃り終わるまでに、垂れずにしっかりと止まっていることが特徴であって、髭剃りが長い人に向いているかもしれません。しかもジェルタイプのように視認性に優れているため、長時間髭剃りをしながら、デザインを決めようとしている人に向いているような感じもしますね。 しかし、その反面、シェービングフォームよりも固いことから、その分すすぎが必要なところがデメリットでしょう。当然、流水のみでは落ちることはなく、洗顔フォームなどで洗わなければなりません。クリームワックスは時間のある人向けでしょうか。 シェービング剤において、オイルタイプのものが人気が出ています。散髪屋でもこのタイプのシェービング剤は使われることが多いです。メリットは、手軽に使えることです。肌に伸びやすい上、肌を保護してくれるので、カミソリの滑りがとても良いです。そのため、理髪店やサロンなどといったプロフェッショナルの間でも好評を得ています。ほかのシェービング剤よりも力を入れることなく、肌の上にカミソリを滑らせることができるため、カミソリ負けし難いと言えます。 デメリットは、これと多数の刃があるカミソリを併用すれば、刃の間に剃ったヒゲが詰まる場合が多いことです。ヒゲを剃るごとに、刃を洗うことが多いのであれば、何ら問題はないです。それだけ、ヒゲを剃りやすいということでもあります。 次にローションタイプのシェービング剤ですが、化粧水としての使用もできるほど、さっぱりとしています。メリットとしては、水分であることから、肌にとてもなじめやすく、手が汚れないことです。ベタつきもほとんどないことから、とてもさっぱりとヒゲを剃ることが可能です。 […]

  2. […] ヒゲを剃るためにT字のカミソリを使ったことのある男性は多いでしょう。その際に選ぶべきシェービング剤の種類はとても多いことから、迷ってしまいますよね。肌に優しい評判の良いものから手軽なものまで、用途に応じて自分に適したものを選択すれば良いでしょう。 一般的な話ですが、乾いている状態のヒゲは、金属である銅線と同程度と言われているほど固いのです。これを前提とすれば、肌が乾燥している際に、シェービング剤を何もつけずにヒゲを剃れば、肌に過大な負担をかけてしまうことになるばかりか、カミソリの刃の寿命も縮まります。シェービングに際しては、ヒゲのみならず肌の表面にある角質層をも削り取るところ、シェービング剤を使用せずに力を加えたままヒゲを剃ろうとすれば、余分な角質層まで削り取ってしまう上に、炎症まで惹起してしまいがちです。 しかし、シェービング剤を使用することによって、ヒゲを柔らかくすることが可能です。そして、カミソリの刃の滑りを円滑にして、肌への負担を減らしてくれます。したがって、肌のダメージを減らし、カミソリの寿命も伸ばすことが可能です。シェービング剤の使用により、時間もかかり、面倒臭そうですが、肌への損傷を低減させて、肌を綺麗な状態に保つことが可能なのであって、シェービング剤はヒゲ剃りには必要不可欠なのです。 T字型のカミソリに適したシェービングクリームの種類は、ジェルタイプ、フォームタイプ、そしてジェルフォームタイプの3種のものがあります。 ジェルは、水分の割合が多く、ヒゲの根元から柔らかくしてくれることが特徴です。このタイプのシェービング剤は、肌につけてもヒゲが見え、視認性に優れていることから、ヒゲ剃りの経験が乏しい人や、剃り残しが気になるという人にオススメできます。ヒゲ剃りに慣れていない人や、初心者であれば、ヒゲがちゃんと剃れているか、剃り残しがないかが気になり何度も何度も同じ部分を剃り肌を傷つけてしまう場合が多いために、ヒゲがどのような状態であるかが確認しやすい透明なジェルタイプのシェービング剤を最初に選択すると良いでしょう。 フォームタイプのものは、泡が肌へ浸透することによって、ヒゲを柔らかくしてくれます。それに肌の保護も兼ねてくれることから、肌が弱かったり、敏感肌の人にオススメできます。 ジェルフォームは、肌につければ、ヒゲの根元から柔らかくなるのですが、すりこんでいくうちに泡へと変化します。 […]

  3. […] 大手メーカーが製造していながら、安価なシェービング剤も良いのですが、刺激が強いことがあることから、特段敏感肌の人に対しては、天然成分が配合された多少高価なものも選択肢として紹介します。 まず、シェービングクリームですが、多くの植物エキスが配合され、肌に潤いを供与します。クリーミーな泡が肌を優しく包んでくれます。泡立てることが難しく慣れが必要なほどなのですが、納得いくまで満足のいくまで、泡立ててみるのが惜しくない人は購入しても良いでしょう。普段粉の石けんを使用しているというような人には、剃り心地が違うためにとてもオススメします。 そして、ヒゲ剃りでありながら、スキンケアを兼ねるというシェーブジェルもあります。これはジェルからフォームへと変化していくタイプのもので、ヒゲの根元に浸透し、スムーズな深剃りが可能であって、肌の保湿高価も有しているという優れものです。使用の際は、ジェルが泡へと変化した時に剃りましょう。量販店で販売されているような市販のジェルに不満があるという人には、シェーブジェルを推奨します。剃っている最中に、ヒゲが引っかかるという人や、剃り難いという人、また多枚刃を使用している人で刃の間にヒゲが詰まるという人、これらの人には、こういう商品をオススメできます。泡のキメ細かい点がこうした高品質さを招いたと言えるでしょう。 次なるシェービングクリームも、天然成分を配合しており、さらに保存料に関しては含まれていないというものであり、敏感肌に対して、適していると言えます。こうした少々高価なシェービング剤は、植物エキスなどといった天然由来の成分が主として配合されていることから、低刺激である場合が多いです。かといって、効果が微弱であるというのではなく、爽快感をしっかりと与えてくれるサッパリとした商品もあります。品質もさることながら、使い心地も相当良いみたいです。 さらに、とても高級な使用感のあるシェイビングクリームです。クリーミーで豊富な泡が肌を保護してくれるので、カミソリ負けや肌の傷つきを防止してくれます。この商品は、わずかな時間で泡を作ることに適しているので、時間のない人にも最適と言えるでしょう。さらに市販のシェービング剤を使用していることによって、カミソリ負けをしたり、肌を傷つけてしまいボロボロになってしまったという人は、高価であってもこのようなシェービング剤を使うことにより、改善する可能性が高いでしょう。しかも、泡立ちが良いことから、コストパフォーマンスの観点においても、何らの問題もないという点もかなりのオススメのポイントです。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。