【実践レビュー】ゼロファクターは効果あるのか?嘘なのか?~5αSPローションを使ってみた感想・口コミ・評価

10月 21, 2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

ゼロファクターをレビュー!実際の効果がこちら

※ゼロファクター使う前(2週間前)

レビュー前 髭画像

※ゼロファクターを使った後(2週間後)

髭剃り5回目画像

上の画像は、僕が実際にゼロファクターの使ってみた際の髭の状態を比較した画像です。

たった2週間ですが、体感として髭が生えるのが遅くなり、髭を剃るととてもきれいになりました。短期なので青い部分も残っていますが、髭が細くなって青さが少し薄れたと感じました。

さらに続けることでより薄くすることができると思います。

 

 

ゼロファクターの詳細

ゼロファクター 5αSPローションとは

5αSPローション 画像

近年、日本の男性の美意識はますます向上し、それに伴って市場も膨らんできています。

「脱毛」、「エステ」、「メイク」、「育毛」、「ホワイトニング」、「美容整形」など、身体や顔のメンテナンスのためにお金をかけるという男性も増えてきているのです。各業界のブランドも価格・サービスの面で様々な方針を打ち出し、古参・新興を関係なくして市場競争に奔走しています。

そんな中、「脱毛・抑毛」のケア製品を送り出しているブランドがゼロファクターです。2016年から人気上昇中で、ゼロファクターで最も売れている製品が、「5αSPローション」です。

5αSPローションは口コミなどを通して人気が高まり、今では累計180万本も売れている大ヒット商品です。 そんな5αSPローションという人気抑毛剤には、どんな成分が含まれ、どう効果を発揮しているのか? 5αSPローションについて調べてみました。

そして、「5αSPローション」を実際に使ってみて私の髭がどうなるか、効果があるか、レビューも公開したいと思います。

 

高い効果!ゼロファクター式 5α理論

ゼロファクターの製品名には、「5αSPローション」や「5αSVリムーバー」など、「」という文字が必ず含まれています。これは、実は男性ホルモンを活性化させる「5αリダクターゼ」という酵素から取っています。

ゼロファクターは長年の研究と開発で、5αリダクターゼを抑制することで抑毛効果が高まるという「5α理論」に着目し、各抑毛製品の製造に反映してきました。長い間、毛という存在と向き合ってきたゼロファクターだからこそ見いだせた、5αSPローションにも活用されている独自の抑毛理論について説明します。

5α理論① 毛の成分と構造

髭 構造 そもそも人を含めた動物の毛は、ケラチンというたんぱく質を主成分としてできています。 ケラチンは爪や角質などの主成分でもあり、硬くて丈夫な成分です。

人間の場合、手のひらや足の裏などの一部を除いてほぼ全てが毛で覆われているとされ、全身で約5000万本にも及びます。しかし、身体の表面に目で見えている毛は、140万本程度にすぎません。また、毛は毛幹(表面に見える部分)・毛根(皮膚に隠れている部分)・毛乳頭(一番根元の毛が生えてくる部分)の3つに構造が分けられます。

そして、5αSPローションなどの抑毛成分は毛乳頭に作用することで抑毛効果が表れます

 

5α理論② ヒゲ・体毛の成長

5αリダクターゼ メカニズム

私達が日頃から悩まされているヒゲや体毛は、主に男性ホルモンの活性化によって濃くなったり、早く伸びたりと成長します。その活性化や成長を促すきっかけとなっている酵素が「5αリダクターゼ」です。

そして、「5αリダクターゼ」は、男性ホルモンと結びつくことで「5α-DHT」という物質に変化します。この「5α-DHT」が毛母細胞(毛乳頭)を活性化して、ヒゲ・体毛の成長を促進してしまうのです。さらに、「5α-DHT」には毛髪を薄くする、皮脂の分泌を増やすといった作用もあり、年齢を重ねると徐々にその傾向が強くなっていきます。(ハゲや加齢臭に繋がる)

ここで気になるのは、「5α-DHT」によってヒゲや体毛は濃くなるのに対し、同じ毛でも毛髪が薄くなってしまうということです。矛盾していると思われる方もいるかと思いますが、実はヒゲ・体毛と毛髪では、発毛に至るメカニズムに違いがあるのです。

ヒゲ・体毛が男性ホルモンの作用によって発毛しているのに対し、毛髪は女性ホルモンの作用によるところが大きいのです。そのため、男性ホルモンから変性した「5α-DHT」が毛髪に作用すると、毛髪部分に作用するはずの女性ホルモンが作用しづらくなります。 これにより、毛髪が次第に細くなり、最終的に抜けてしまうのです

ヒゲや体毛が濃くなる上に、ハゲにまでなるとはとんでもないですね。

このことから、「5α-DHT」を生成する因子である「5αリダクターゼ」こそが諸悪の根源だと言えるのです。

 

5α理論③ 男性ホルモンの分泌量

男性ホルモン 分泌量

先述の通り、ヒゲや体毛は男性ホルモンの活性化によって発毛します。つまり、男性ホルモンの分泌量によって、ヒゲや体毛の濃さや太さ、成長度などが変化してくるということです。

通常、男性の男性ホルモン分泌量は、思春期を迎える13~18歳ごろから増え始めます。 分泌量の増加は20代中盤に緩やかになるものの、30代過ぎまで続きます。男性ホルモンが増えたことで、身体つきが筋肉質になったり、身長が伸びたりと男性的な身体に大きく変化していきます。 それとともに、ヒゲや体毛もどんどん濃くなり、ムダ毛と認識されるようになっていきます

30代以降は、分泌量が横ばいになるものの、生活習慣やストレスによって増加することが多いです。そして、年齢を重ねていくと、過剰な男性ホルモンが原因で、抜け毛・加齢臭を引き起こすということにも繋がってくるのです。

 

5α理論④ 抑毛のメカニズム

ここまで、ヒゲや体毛の成長の原因は、男性ホルモンが活性化してできる「5α-DHT」だと述べてきました。

そして、その「5α-DHT」を作り出す「5αリダクターゼ」という酵素が一番悪い原因だとも述べました。 つまり、「5αリダクターゼ」を抑制すると、ムダ毛の発毛を抑えることができるということになります。

これこそ、「5α理論」の抑毛メカニズムです。

これをもとに、ゼロファクターの5αSPローションは「5αリダクターゼ」の働きを抑えることで、男性ホルモンが「5α-DHT」に変性するのを阻止するという抑毛メカニズムに着目して開発されました。そして、5αSPローション以外の他のゼロファクター製品にも応用・活用されています。

ゼロファクターの「5αSPローション」は、配合された再生毛ケア成分が5αリダクターゼを抑制し、5α-DHTの発生を阻止することでムダ毛の成長を抑えることができるという画期的な製品なのです。

 

5αSPローションの技術

ゼロファクター 技術

5αSPローションは、先述の通り、「5α理論」の抑毛メカニズムをもとに作られました。もちろん、抑毛メカニズムは5αSPローションが高い効果を発揮するための重要なファクターです。

しかし、実は5αSPローションにはより効果を高めるための技術が採用されています。

ナノレベルの微粒子化

抑毛剤は基本的に皮膚に塗り込むものです。 皮膚に塗りこむことで、成分が毛穴から毛根に浸透して始めて効果を発揮します。つまり、どんなに有効成分が入っていても皮膚に浸透して毛根まで届かなければ、効果が出にくくなります

5αSPローションは、そんな心配はいりません。

5αSPローションには独自のナノ技術が採用されることにより、ローションをナノレベルにまで微粒子化して作られています。そのため、5αSPローションは、皮膚に確実に浸透して毛穴のより深い部分まで有効成分が届くようになっています。

 

ジェルローション技術

また、5αSPローションにはナノ技術によって浸透力がアップしたローションを、さらにジェルでコーティングすることで、塗った後の成分が蒸発せずに浸透力を維持できる加工も施されています。

このジェルローション加工は、塗りやすさの向上にも繋がっています。

 

 

ゼロファクター5αSPローションの成分

5αSPローション 成分

5αSPローション」の高い効能の秘密は、沢山の有効成分が含まれていることにあります。以下は、「5αSPローション」に配合されている、全成分になります。 実に、約40もの成分が含まれているのです。

ゼロファクター5αSPローションの成分一覧

水/エタノール/グリセリン/ジグリセリン/BG/カルボマー/PEG−60水添ヒマシ油/フェノキシエタノール/メチルパラベン/水酸化K/メントール/グリチルリチン酸2K/黒砂糖エキス/スペアミント油/カンゾウ根エキス/マンニトール/パパイン酵素/ザクロエキス/加水分解酵母エキス/甘草フラボノイド/オウゴンエキス/アカヤジオウ根エキス/ブロメライン/ガウクルア(プエラリアミリフィカ根エキス)/サンショウエキス/アロエフェロックス葉エキス/ヒオウギエキス/ホップエキス/ヨクイニンエキス/シソ葉エキス/パシャンベエキス(ベルゲニアリグラタ根エキス)/オイスターエキス/キュウイエキス/ローズマリーエキス/ダイズエキス/チョウジエキス/レモン果実エキス/オランダカラシエキス/ゴボウ根エキス/セージ葉エキス/サボンソウエキス/セイヨウキズタエキス

 

11種類の有効成分

「5αSPローション」に含まれる多くの成分の中には、毛の成長・再生を促す5αリダクターゼを抑制するための11の有効成分が配合されています。

スペアミント油・ザクロ・ダイズエキス・チョウジエキス・オウゴンエキス・ヒオウギエキス・パシャンベエキス・ガウクルア・パパイン酵素・サンショウエキス・ジオウエキス

ざっと見ていくと、あまり耳にしない名前の成分が配合されていることがわかります。これらは、ゼロファクターが「5αSPローション」を長年に渡って研究・開発してきたことでわかってきた、効率の良い抑毛成分です。

「5αSPローション」に含まれる11の有効抑毛成分をそれぞれ調べてみました。

 

5αSPローションの注目成分

編集
5αSPローション 注目成分
ダイズエキス

ダイズエキス 画像
ダイズエキスは、抑毛関連製品の多くに採用されていておなじみです。

エキスに含まれるイソフラボンが男性ホルモンの抑制作用を発揮し、毛の再生や成長を抑える効果があります。また、他にも肌細胞の活性化・美白効果・ニキビ防止効果・肌の若返り効果など、幅広い効能を持っています。

ヒオウギエキス

ヒオウギエキス 画像
ヒオウギエキスもよく抑毛剤や育毛剤などに配合されています。

ダイズエキスと同様に、イソフラボンが含まれているため、男性ホルモンの抑制作用を持っています。男性ホルモンの抑制とは、毛の成長因子であるジヒドロテストステロン(男性ホルモン)を生成している酵素の発生を抑えることで、体毛の成長も抑えるという働きです。

オウゴンエキス

オウゴンエキス画像
オウゴンエキスにもヒオウギエキスと同じく、男性ホルモンを抑制する働きがあります。これにより、男性ホルモンが原因で起きる皮脂分泌を抑制することができます。

また、男性ホルモンを抑制することで、髭の成長を遅らせることもできるのです。

他にも、抗アレルギー・肌荒れ防止・紫外線吸収などの効能もあるので魅力的な成分です。

ジオウエキス

ジオウエキス
ジオウエキスは、漢方薬としても使われる中国の薬草から抽出されます。

主な効能は、血行促進作用、皮膚の細胞活性化、抗男性ホルモン作用などがあります。中でも、抗男性ホルモン作用とは、濃い体毛・髭の原因となるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生成を抑制する働きのことで、ムダ毛を抑毛する効果があると考えられています。育毛関連や抑毛関連の製品に配合されています。

パパイン酵素

パパイン 画像
パパイン酵素は天然のパパイヤの抽出成分です。

主にタンパク質を分解する効能があるため、体毛のタンパク質を分解させ、細くすることで抜けやすくします。そして、他の有効成分が毛により浸透させやすくする働きもあります。

また、肌の汚れや毛穴の汚れも分解・除去する作用があるので、より効果を高めることができます。

ザクロエキス

ザクロ 画像
ザクロは、紀元前1000年以上前からあり、薬用として扱われてきた果物です。

非常に豊富なポリフェノールが含まれているのが特徴で、体内にある活性酸素を減らす働きがあり、抗酸化作用・免疫力アップに長けています。

さらには、ザクロには女性ホルモンと同様の作用をもつ、「エストロン」という成分も微量ながら含まれています。エストロンにより、ムダ毛の抑毛効果や女性ホルモンの補助効果などもあるのです。

チョウジエキス

チョウジエキス 画像
チョウジエキスは、古くから漢方薬としても使われてきたチョウジから抽出したエキスです。

特徴は、とても強い抗菌作用、殺菌・抗炎症作用で、皮膚のコンディション調整に効果を発揮します。主に化粧品や育毛剤、ニキビケア用品などで用いられています。

サンショウエキス

山椒 画像
サンショウエキスは、うな重にかけるあの山椒から抽出したエキスです。

山椒の辛味成分によるものか、抗菌作用と血流促進作用があり、主に薄毛対策の育毛剤関連の製品に配合されています。

最近では、それ以外にも保湿に関わるタンパク質を産出する遺伝子を増やす働きがあることがわかり、美容界でも注目されつつあります。

スペアミント油

スペアミント 画像
スペアミント油は、香料として使われる成分です。

含まれていることで、甘いミントの香りでリラックス効果があるとされます。また、香りだけではなく、皮膚に対しても皮脂バランスの調整や抗炎症・収れん作用など、化粧水のような働きをします。

パシャンベエキス

パシャンベエキスは、ベルゲニアリグラタ根エキスとも呼ばれています。インドに自生する植物から抽出されたエキスです。

効能は、皮膚のDNAレベルでの修復作用、抗酸化作用、美白作用、シワ予防効果など様々で、非常に皮膚に効果的な成分です。
そして、5αリダクターゼという男性ホルモン活性酵素の抑制にも効果があるともされており、ムダ毛の抑毛に最適な成分と言えます。

ガウクルア(プエラリア・ミリフィカ)

ガウクルアは、学名で「プエラリア・ミリフィカ」といいます。この名称は、女性ホルモン関連のサプリなどにも使われているので女性に馴染みのある名前かと思います。

このガウクルアには、植物性エストロゲンを筆頭に女性ホルモンとよく似た成分を豊富に含んでいるのが特徴です。女性用のサプリとして、バストアップサプリや妊活サプリに使われています。非常に効果が高く、同じく女性ホルモンを補助する効果のある大豆の40倍もの有効成分が含まれているとされています。女性ホルモンを活性化することで、ムダ毛の抑毛効果が期待できます。

これら11種類の成分は、それぞれで効果や作用が発揮される箇所が異なります。

ゼロファクターの研究によると、5αリダクターゼという男性ホルモン活性化酵素にも2つの種類に分けることができるようです。「Ⅰ型5αリダクターゼ」と「Ⅱ型5αリダクターゼ」です。

Ⅰ型5αリダクターゼ」は、皮脂腺付近に分布しており、皮脂の分泌を増やすことで毛穴の環境悪化や毛穴や毛への血行阻害など引き起こす要因となります。もう一方の「Ⅱ型5αリダクターゼ」は、毛穴深くの毛乳頭(毛が作られる部分)に作用することで毛の再生を促進する働きをします。

「5αSPローション」に含まれる11の有効成分の内、8種類がⅠ型5αリダクターゼに、3種類がⅡ型5αリダクターゼに、それぞれに対して適した抑毛効果を発揮して、より高い抑毛を効率的に実現しているのです。他にも、肌の保湿・修復や、引き締めや美肌などに繋がる成分も含まれており、肌トラブルにもなりにくいようになっています。

 

 

ゼロファクターは女性が使うのもアリ!

ゼロファクター 女性

ゼロファクターは、男性の太くて濃い髭をメインターゲットとして研究・開発されているため、購入に至る顧客も男性が多いというのが実情です。しかし、男性の濃い髭を抑毛できるような製品であれば、ムダ毛に悩む女性にも大いに需要はあると思われます。

では、ゼロファクターを女性が使うのはアリなのでしょうか?

答えは、当然アリです。

ゼロファクターには先述の通り、抑毛や美肌のための成分がたくさん配合されていますが、どれも女性が使える成分です。男性用の製品だから強力な成分や肌に強い影響を与える成分が入っているといったこともなく、男女ともに安全に使うことができます。

むしろ、女性の場合、男性よりも毛が細いため、より高い効果が期待でき、効果が表れるのも早く感じることができると思われます。近年は、「女性のオス化」といって、ムダ毛や髭が多く生えてくる女性も増加傾向にあり、毛に悩まされている女性のニーズも膨らんでいるとされています。

もちろん、女性向けの抑毛剤も売られていますが、元より薄い毛質の女性向けに作られた製品と、剛毛な濃い髭を持つ男性用に作られたゼロファクター製品を比較すると、ゼロファクターの方が効果が高そうに感じる上に実際に効果が高いのです。

それならば、女性もゼロファクターを使ってみるのもアリだと思います。

 

 

5αSPローションの使用方法

基本的な使い方

①いつも通りに髭を剃る(5αSPシェイブジェルの併用が効果大

髭 剃る

②5αSPローションをまんべんなく塗り込む

ゼロファクター 塗り込む

③1日に数回5αSPローションを塗り込む(1日3回がオススメ

5αSPローション 塗り込む

④2ヶ月~3ヶ月程度でヒゲが目立たなくなる(肌トラブルも予防

髭 薄くなる

人気抑毛剤5αSPローションの使用方法は、「ただ塗るだけ」と非常に簡単です。

ポイントは、「深剃り」と「洗顔」です。塗る前の髭剃りできちんと深剃りできていると、5αSPローションのナノジェルローションが毛穴に入りやすくなり、毛根への浸透が促進されます。

また、髭剃りの後に洗顔で毛穴の汚れを落としてから5αローションを塗り込むことも、浸透力をアップできるのでオススメです。

 

5αSPシェイブジェルとの併用

5αSPシェイブジェルと5αSPローション

5αSPローションの抑毛効果をさらにアップさせるために、「5αSPシェイブジェル」と併用して使うことがオススメの使い方です。「5αSPシェイブジェル」は、ゼロファクターが開発した抑毛成分を配合した髭剃り用シェービングジェルです。

髭剃りの際に使っているシェービングクリームの代わりに「5αSPシェイブジェル」を使うことで、配合されている抑毛成分と髭を柔らかくする成分などによって通常以上の深剃りが可能になります。

 

5αSPローションを使う前に、「5αSPシェイブジェル」で髭剃りをすることで髭自体が柔らかくなり、毛根へのローションの浸透力が向上します。5αSPシェイブジェルの抑毛成分と5αSPローションの抑毛成分がダブルで効果を発揮するため、より高い効能が期待できるのです。

そのため、ゼロファクターでもダブルでの使用が推奨されており、5αSPローションと5αSPシェイプジェルがセットになったメニューの販売も行われています。

 

化粧水の代わりとしても使える

5αSPローションは抑毛剤としてだけではなく、化粧水の代わりとしても使うことができます。

「髭が濃いから抑毛したい」という人にも理由は様々で、中には「毎度の髭剃りでカミソリ負けして痛い」という理由もあると思います。

実は、5αSPローションには抑毛成分に加えて、髭剃りをしても傷つきにくいように美肌成分が含まれているのです。肌の保湿(うるおいUP)、シェービング後の肌の鎮静(抗炎症)、肌の引き締めと修復といった3つの働きで、すっきりと滑らかでクリアな肌を実現します。実際に私も5αSPローションを使ってから口周りの赤みや出血などが少なくなったように感じます。

また、5αSPローションには抗男性ホルモン作用・女性ホルモン活発化作用など、女性ホルモンを補助する成分が多く含まれており、それらが抑毛への大きな効能を発揮しています。

つまり、これらの抑毛成分にも肌の女性ホルモンを補助することで、肌の環境が整えられるため、十分に美肌効果が期待できるのです。このようなことから、5αSPローションは人気の抑毛剤でありながら美肌化粧水としても万能だとわかるのです。

 

 

効く?効かない?ゼロファクターの評価・評判

モンドセレクション受賞

モンドセレクション受賞画像

ゼロファクター5αSPローションの購入を決める際に、重要なポイントとなるのが口コミ評価です。

いくつもの製品が登場している抑毛・脱毛関連製品を選ぶことにおいて、他人が感じた効果や品質の高さの評価はとても重要ですね。その点において、5αSPローションは非常に優秀な評価を受けています。

実はゼロファクターの5αSPローションは、2010年~2012年までの3年連続でモンドセレクションを受賞しているのです。

モンドセレクションとは近年時折聞くワードですが、モンドセレクションとはモノの品質や商品価値を評価することを目的とした国際的な品評機関のことです。つまり、ゼロファクター5αSPローションは品質や効果の面で国際的にも優れているという評価を受けたことになるのです。

一般的にモンドセレクションを受賞するモノは食品や嗜好品が多いのですが、数多くある抑毛剤の中での受賞となると、ゼロファクター5αSPローションの受賞は非常に珍しいのです。

やはり、どんなモノでも購入する時に評価が気になるものです。ゼロファクターにおいても5αSPローションが第三者の国際機関から評価を受けていることで、ゼロファクターの他の商品の評価向上にも繋がってくると考えられます。

 

ゼロファクターの安全評価

ゼロファクターの製品は、安全上での問題は少ないでしょう。

現に安全性を疑うような口コミや評価は聞いたことがありません。ましてや、先述のように、ゼロファクターはモンドセレクションを受賞しています。製品の品質・原材料・味・衛生といった多角的な面からの評価によって受賞しているので、つまりは「安全」と評価されているようなものです。

 

ゼロファクターの信頼と実績

ゼロファクターしかり、抑毛・脱毛関連製品を初め、ヘアケア・スキンケア・化粧品・育毛剤・外用医薬品など、身体に直接触れる類の製品は多く販売されています。こういった製品は直接的であるがゆえに、悪い噂やイメージもすぐに広まって売れなくなってしまいます。

そんな浮き沈みが激しいケア用品業界において、ゼロファクターの製品は5αSPローションを筆頭に多くの製品が利用者からの支持を得ています。

そういった中で、今日では「抑毛剤=ゼロファクター」というイメージが定着しつつあると感じます。

長いこと20年近くでシリーズ累計180万本ものヒット製品を生み出したゼロファクターは、業界内でも信頼と実績を獲得したといえるでしょう。

 

 

ゼロファクターの口コミ

ゼロファクター5αSPローションの口コミ

ゼロファクターに効果がないというのは嘘!?

ゼロファクター5αSPローション」は、昨年夏ごろから徐々に口コミを中心に人気が広まり、今や髭や体毛の抑毛ローションとして、トップクラスの人気を獲得するほどになりました。

しかし、ここ最近、「ゼロファクター5αSPローションは効果ない!」といった噂が広まってきているというのです。ネットの口コミや2ch(2チャンネル)の掲示板などでも、「ゼロファクターは効かない」「ゼロファクターの効果はウソ」という書き込みがチラホラとあります。

これから「ゼロファクター5αSPローション」を買おうか悩んでいる方にとっては、不安になってしまう書き込みですね。

このページを訪れる皆さんも、「ゼロファクター5αSPローション」を買おうかと悩んで訪れてくれたと思います。つまり、皆さんがゼロファクターの口コミや効果についてを率直に知りたいと思ってるはずです。

普段から濃い髭や体毛に悩まされて、毎日の髭剃りは面倒、カミソリ負けで肌も荒れて痛い、カミソリや替刃代も馬鹿にならない、髭脱毛したいけど高いなど、色々と悩み、迷い、調べて、ゼロファクターを発見したと察しします。1年前の僕も同様な気持ちで、半ば半信半疑で「ゼロファクター5αSPローション」を使い始めたのを覚えています。

でも、その気持ちはただの杞憂でした(笑)

結論として、「ゼロファクター5αSPローション」は「効果なし」という情報が誤っています。 きちんと使い方や使う期間などを守れば、自ずと期待通りの効果が実感できるでしょう。

そこで、僕が実際に使ってきた「ゼロファクター5αSPローション」について、効果や口コミ・評判などを載せています。

ゼロファクターは多くの方から口コミされています

※21歳/大学生

髭脱毛に行こうかと悩んでいましたが、自宅で簡単に塗るだけというフレーズに誘われて「ゼロファクター」を試してみることに。980円というお手頃価格なら、学生の私でも始めやすいので嬉しいです。

使い始めて2週間経つ頃に、少しずつ髭が薄くなってくるのを実感しました。意中の女性にも「髭薄くなったね!」と好印象を与えられたので、このまま先を楽しみに使用し続けてみようと思います。

※25歳/営業職

朝髭を剃って夕方に生えてくる人にはとってもオススメです!

営業職の仕事をしているため、髭剃りが日課となっており、非常に億劫に感じています。 そして、綺麗に剃ったとしても、夕方にはジョリジョリに髭が生えてきます。

ゼロファクターは、髭の生えるスピードを遅らせる効果があるため、試しに使ってみたところ、夕方に髭が生えてくることはなくなりました。それだけではなく、全体的に髭が薄くなったのも感じることができました。

得意先の取引の際に、「髭が薄くなった?」と気づかれて驚きつつも嬉しかったです。 恋愛面でも髭が薄くなったことはかなり利点になっているように感じます。

※33歳/会社員

30歳を過ぎたあたりから急に髭が濃くなり始めて、泥棒ヒゲに悩んでいました。合コンなどに参加する回数も増えているのですが、「髭が濃い」という理由から、なかなか上手くいかないことも多かったです。

髭脱毛も考えましたが、料金も高いし仕事で通う時間も少ないので、塗るだけで簡単にできる「ゼロファクター」を買って使っています。大体、効果は使い始めて3ヶ月程度ではっきりとわかる感じです。 明らかに以前と違うくらい髭の生えるスピードが遅く感じていきます。

髭が薄くなったことで、合コンでの印象も良くなり、髭がないことで5歳も若く見られることがあります。

恋愛面でも好調になってきました!

今なら、ゼロファクター5αSPローションがなんと980円で買えます! ↓↓

※先着100名限定

 

 

2chの口コミでも人気のゼロファクター

ゼロファクター ジャンプ

ゼロファクターは多くの利用者からの信頼や支持を得たと述べましたが、それは抑毛剤について詳しい、または興味があるといった人に限られます。

ゼロファクターは、「マンダム」「資生堂」など大手のブランドやメーカーのような著名度はありません。広報・宣伝として、週刊少年ジャンプに15年間も広告を掲載していますが、一般的にはそこまで知られていないでしょう。

では、ゼロファクターの人気が高いのはなぜか?

それは、利用者の口コミが広まったからと考えられます。

実際に、私も「ヒゲの抑毛」について調べるようになってから、ゼロファクターを知った人間の一人で、ゼロファクターを知るきっかけとなったのは、ゼロファクターの口コミを見たからです。

今ではスマホやSNSといった気軽に情報を手に入れることがしやすくなったことで、口コミは非常に重要な宣伝アイテムとなりました。

特にゼロファクター関連の情報を入手しようとして閲覧されているのが、ゼロファクターの2ch(2ちゃんねる)サイトです。 2ch(2ちゃんねる)は、特定のモノや人に対しての掲示板で、サイト閲覧者が対象に対して自由にコメントを書き込めるといったサイトです。製品の情報や使用感などの口コミも2ch(2ちゃんねる)の掲示板に書き込まれて情報を共有できるようになっています。

実際に「ゼロファクター 2ch」や「ゼロファクター 口コミ」といったキーワードで検索している人が多いようで、口コミや評価について多くの情報がネット上に挙がっています。

そのため、ゼロファクターに関しても同様な掲示板が作られており、各製品の口コミが多く投稿されています。 誰でもコメントを投稿できるため、製品の良し悪しや真偽は不透明な点もありますが、様々な情報を入手するために活用されています。

編集
ゼロファクター5αSPローション
利用者の口コミ
仕事上、接客業のため、濃いヒゲを目立たなくするのに購入しました。
ゼロファクターを使い始めて2ヶ月経ち、髭剃りの回数が減りました。
少し剃らなくてもほぼ目立たないです。
お得意先の方に「ヒゲ薄くなったね!」と好印象を与えられたのは嬉しかったですね。
脱毛エステに通う時間もないので、効率よく使ってます。 (28歳・会社員
2回目のリピーターです。
毎度、5αSpローションと5αSPシェイブジェルのセットを定期購入しています。
昔からかなりヒゲが濃い分類だったので、まだ部分的に目立つ部分はあります。
でも、頬や首のヒゲはだいぶキレイになりました。
元来弱かった肌質が改善し、カミソリ負けしなくなりました。(21歳・学生
ゼロファクターのファンです。
初めてゼロファクター製品を買ってからかれこれ2年が経ちます。
今では、髭剃り後の5αSPローションは習慣化して当たり前のように使ってます。
カミソリ負けはもちろんですが、皮膚の状態異常や乾燥などにも効果的ですね。
肌のモチモチ感もアップし、デキモノも一切できなくなりました。
抑毛剤としても美容化粧水としても、非常に秀逸な製品だと思います。(34歳・自営業
ゼロファクターは期待通りではなかった。
買って1週間だけど、ヒゲの薄さ的にあんまり実感できません。
でも、肌質は良くなりました。
肌の弾力がアップしたように感じてます。
長めに使えばヒゲも薄くなるのかな。。。(19歳・専門学生

実際に、ゼロファクター製品を使っている方の口コミを調べてみると、効果を実感している人が多いようです。

ヒゲが薄くなってきた」「肌の調子がいい」「カミソリ負けしなくなった」といった口コミ・意見が多い印象です。 中には「あまり効果がなかった」という口コミも見受けられました。

ゼロファクターも世の中の化粧品やヘアケア用品と同様に合う・合わないといったことがあります。 現れる効力も人それぞれです。しかし、効果を感じられなかったといった口コミのほとんどが即効性を求めるような口コミでした。

例えば「1週間使ったけど効果が実感できなかった」という口コミです。 ゼロファクター5αSPローションは1週間程度で効果が実感できるモノではありません。

メーカーのゼロファクターからは、1ヶ月~3ヶ月程度の継続使用が推奨されています。

髭は身体中で一番太くて硬い毛です。 ゼロファクター5αSPローションの抑毛成分で細く薄くなるには、それなりに時間が必要になるということです。でも、私が使用してみた実感では2週間程度である程度の「髭が薄くなっている」「髭の伸びが遅くなった」という実感がありました。 

毎日2~3回のローション塗布は面倒かもしれませんが、根気強く使用し続けていること慣れてくるし、それにより着実に髭が薄くなっていくと思います。

 

 

薬局では買えない!? ゼロファクターの購入方法

ゼロファクター 買い方

5αSPローションを始め、ゼロファクター製品はどこで購入できるのか?

実は、ゼロファクターの製品を購入できるのは、基本的にネット通販のみです。

マツモトキヨシやドンキホーテなどの薬局・生活用品店では取り扱っておらず、店舗で直接購入することができないのです。 理由は、恐らくコストダウンのためだと思われます。

店舗で販売するとなると、取り扱ってもらう店舗や企業への営業から製品の準備や配送などと様々なコストが発生してきてしまいます。 コストをかけて製品の値段が高くなってしまうのではなく、インターネットでの口コミで広めていくことを主な宣伝としてなるべくコストをかけずに販売しています。

そのため、製品に使用される成分や技術にはきちんとお金をかけてより効果の高いものを、より質のいいものを研究・開発することができているということです。

店舗販売や宣伝等でコストを使わずに、ネットでの口コミで大人気の抑毛剤まで成長したのは、やはり成分や技術にこだわって効果が高いと感じてもらえる製品作りにコストをかけることができたからだと思われるのです。

そして、現状でゼロファクターの製品の取り扱いがある通販サイトは、ゼロファクターの公式サイトAmazonショッピングサイトの2つのサイトだけです。

Amazonショッピングと並ぶ大手の楽天ショッピングサイトでも取り扱っていた時期はありましたが、現在は楽天でも取り扱わなくなりました。

そのため、公式か、Amazonかの2つだけとなっています。しかしながら、公式サイトでの購入をオススメします。 Amazonは定価での販売になるのでかなり割高ですが、ゼロファクターの公式サイトなら大幅割引きで購入できます。

ゼロファクター公式サイトでの購入の場合、支払い方法もクレジット決済・代金引換・コンビニ後払いと、充実しているのも利用者としては嬉しいですね。

 

お得な980円!? ゼロファクターの値段

ゼロファクター 980円

人気も効果も高いゼロファクター5αSPローションは、値段においても高めに設定されています。

1本あたりの通常価格が9000円(税込)とかなり高価です。そこで高価ながらも人気も高いので、5αSPローションの通常価格が再設定されました。それが、1本あたり6480円(税込)へのプライスオフが実現しました。 5αSPローションの抑毛効果を考慮すると十分安い料金だと思います。

しかし、ゼロファクターはここからさらに大幅値引きを敢行しました!

なんと、初回購入に限り、破格の980円(税込)で手に入れることができるのです。これは、まさに期間限定の今だけの大特価です。 元々の定価9000円と比べたら約10分の1です。

これまで5αSPローションを使ってみたかったけど、高くて手が出なかったという人には非常に嬉しい値下げですね!今だけの大セールなので、いつ終わってしまうのかわかりませんが、ゼロファクターデビューするなら今しかありません。

一度試せば、通常価格が高めな理由も、それに見合った効果の高さもわかりますよ。 セール中の今だからこそ、ぜひゼロファクター5αSPローションを試してみて下さい。

今なら、ゼロファクター5αSPローションがなんと980円で買えます! ↓↓
※先着100名限定

 

 

ゼロファクター5αSPローション 体験・感想

ゼロファクター レビュー

ゼロファクター」が20年もの研究を経て開発し、 その抑毛効果の高さを売りに評判となっている人気抑毛剤「5αSPローション」。

もちろん、私もその評判を聞きつけて購入した人間の一人です。

では、実際のところ、ゼロファクターの効果はあるのか?

それは、使ってみないことには効果の高さもわかりませんし、人によって効果の表れ方や効果を実感するまでの期間も違うかもしれません。そこで! 濃い髭に悩まされてきた私が実際に「5αSPローション」を使ってみて、効果がどうなのかを体験し、それに対する感想・レビューを紹介します。

 

※追伸(後日更新)

しかし、まず初めにお伝えしたいのは、この体験で驚きの効果を実感することができたということです。

まさに、20年間も抑毛剤の開発を行ってきた「ゼロファクター」の集大成ともいえる抑毛ローションだと感じました。髭に悩める男性陣は、ぜひ試して欲しいですね。

私の2週間に渡る、「ゼロファクター」体験レビューをご覧ください。

 

 

ゼロファクター 2週間レビュー

ゼロファクターレビューのルール

それでは、大人気の抑毛剤「ゼロファクター5αSPローション」を私も使ってみたいと思います。

実際に使ってみて、どの程度の効果を実感できるかをレビューしていきます。 レビューするにあたって、ルールや条件のようなものを設定するべきだと思いました。

試用のルール

・レビュー期間:2週間(15日間)

・5αSPローションの塗布は1日朝晩の2回

・髭剃りは3日に一度行う

・毎日の髭の状態をレビューする

・髭の処理方法は、カミソリによる髭剃りのみ

このようなルールをもとにレビューを行っていきます。

レビュー前と2週間後の髭の伸び具合やスピードを考慮して結果に繋げたいと思います。

 

ゼロファクターレビュー前の髭の状態

まず、ゼロファクターをレビューする前の髭の状態がこちらです。

レビュー前 髭画像 レビュー前 髭画像

これは、最後に髭剃りをしてから3日後の状態です。

顎下や鼻下はもちろん、頬や首の方にも髭が広がっています。 毛の本数も多く、黒く密集していて、鼻下の髭が顎下の髭と繋がってしまっています。

この濃い髭をゼロファクターの抑毛ローションで薄くしていきます。

 

ゼロファクターを塗る前の髭の処理

今回、髭剃りは3日に一度行い、2週間(15日)の内で抑毛剤塗布から3日間の経過観察を5回行います。その4回のサイクルの中で、髭の伸びがどれくらい遅くなったか、薄くなったかを観察できればと思っております。

髭剃りの際に、剃り具合に変化がないように、共通して以下のアイテムを使用します。

・ジレットプログライドのカミソリ(5枚刃)

ジレットプログライド

・サクセス 薬用シェービングジェル 多枚刃カミソリ用

サクセス シェービングジェル

早速、髭を剃ります。 髭の剃り具合は、頬・鼻下・顎・首を一通り触って、ザラっとした感触がなくなることを基準として剃ります。この際、深剃りして肌を傷めないように気をつけて行います。

 

髭剃り後の口周りの状態がこちらです。

レビュー前 髭剃り後画像

全体的にキレイに剃れて、黒かった口周りもサッパリしました。

少し深剃りしすぎた部分もありますが、許容範囲です。しっかりと深剃りできたので、ゼロファクター5αSPローションが毛穴に届きやすくなり、効果がアップします。

 

 

ゼロファクター5αSPローションを使う

5αSPローション 本体画像

キレイに髭剃りも終えたところで、「ゼロファクター5αSPローション」を使います。

ローションのボトルを1プッシュすると、黄金のジェルが出てきます。

5αSPローション ジェル

1プッシュでこれだけしか出てこないので、少ないなと思いました。

でも、実際に塗ってみると、ジェルの伸びは非常に良く、頬・鼻下・顎・首にまんべんなく塗りこんでも十分の量でした。

塗った感覚は、ピリッとする感触とスースーする感じがあります。 髭剃り後すぐなので、ピリッとするのは当然ですね。ローションの成分が悪いということではありません。むしろ、ジワーっとジェルローションが染みこんでいく感覚があるので、ちょっと期待が高まります。

ゼロファクター5αSPローションを塗りこんだ後の状態がこちら。

5αSPローション 使用後画像

5αSPローション 使用後画像

少し髭の色が濃くなったように感じますが、ジェルを塗りこんで湿ったからでしょう。

果たして、髭の生えるスピードを遅らせ、髭を薄くできるのでしょうか?

 

ゼロファクター レビュー1日後

レビュー初日の翌朝も、忘れずにゼロファクター5αSPローションを塗ります。

髭の伸び具合も、午前中は気にならなかったのですが、夕方になると次第に青髭が目立つようになってきました。さすがに、1日だけで髭の伸びが遅くなるということはなさそうです。

夜もしっかりローションを塗りこみます。

レビュー1日後の状態はこんな感じ。

ゼロファクター レビュー1日画像

ゼロファクター レビュー1日画像

丸1日経って、ポツポツと髭が伸びてきてるのがわかります。

顎~首にかけては、やはり伸びるスピードも早いのか、1日でだいぶ青髭が濃くなっているのがわかります。

上唇にデキモノができてますが、これは前日の髭剃りの際に、少し切ってしまったためです。 ローションの影響で皮膚に異変やトラブルが起きたようなことは、まだありません。むしろ、肌がもちもちして、潤いがあるように感じます。

「5αSPローション」の保湿効果は高いと実感しています。

まだ、1日目なのでわかりませんが、含まれている成分の効果の高さは本物のようです。 抑毛効果の高さにも期待したいと思います。

 

ゼロファクター レビュー2日後

2日後になると、ザラザラとした髭の感覚が強くなってきます。

髭は、午前中に伸びやすいので、ここでしっかり抑毛できるように、「ゼロファクター5αSPローション」を塗りこみます。寝起きは、顔に皮脂がたくさんついているので、毛穴も塞がれています。 洗顔クリームできちんと皮脂を落としてから、ローションを塗りましょう。

これによって、毛穴の中にも抑毛成分が届きやすくなります。夜も塗りこみ、ローションを浸透させます。

レビュー2日後の状態です。

ゼロファクター レビュー2日目画像

ゼロファクター レビュー2日目画像

2日経過して、髭は1mmくらいの長さまで伸びてきています。

伸びてきた髭で黒く見えますが、髭の根本の皮膚の部分も黒っぽく見えます。髭の表面に1mmしか生えてなくても、根本は深く長くて、3mm~5mmくらいの長さがあるとされているので、その部分が透けて見えてるのだと思われます。

抑毛ローションで髭が細くなれば、根本の部分も透けにくくなり、黒っぽく見えなくなってくるのです。

そうなることを期待して、引き続き「5αSPローション」を使っていきます。

 

ゼロファクター レビュー3日後

レビュー3日後の状態です。

ゼロファクター レビュー3日目画像

ゼロファクター レビュー3日目画像

3日経過して、かなり伸びました。

でも、「ゼロファクター5αSPローション」をつけてからのこの3日間の感覚として、少しながら髭の伸びるスピードが遅くなったように感じます。 初日の使用前の時より、見た目で髭の長さも短くなったような気もします。

まだ、はっきりとした感覚ではないので、続けていくことで効果が高くなっていくことを期待してます。引き続き、2回目の髭剃りを行い、ゼロファクターを塗っていきます。

2回目の髭剃り後の状態です。

髭剃り2回目画像

2回目の髭剃りにおいても、楽に髭が剃れるような印象が少し出てきました。

深剃りするために、毎回カミソリをたくさん往復させてましたが、少ないカミソリワークで深剃りすることができました。剃った後の髭の青さも抑えられていると感じます。 徐々に「5αSPローション」の効果を実感してきています。

3日後の3回目の髭剃りが楽しみです。

 

 

ゼロファクター レビュー4日後

レビュー開始から4日が経ち、朝晩の「ゼロファクター5αSPローション」の塗布にも慣れてきました。

レビュー4日後の状態です。

ゼロファクター レビュー4日目画像

ゼロファクター レビュー4日目画像

2回目の髭剃りから1日経ちますが、明らかに髭の伸びが遅くなってます!

いつもなら、1日経つと、顎を触ってザラザラ感があり、「伸びるの早いなー」って思ってましたが、今回はザラザラ感はかなり少なく、まだツルツルしている部分も多くありました。

 

レビュー1日後と比べてみると

ゼロファクター レビュー1日画像

レビュー1日後

ゼロファクター レビュー4日目画像

レビュー4日後

写真の光や色味の関係で、若干変わってくると思いますが、髭の生えている範囲が少し狭まったように見えます。それに、髭の青さの具合も抑えられていて、全体的に薄くなっている傾向がわかります。

このように、比較して見てみると、5αSPローションの効果も実感できて、モチベーションも上がってきますね。日に日に効果を感じて、より期待値も高まります。

 

ゼロファクター レビュー5日後

レビュー5日後の状態です。

ゼロファクター レビュー5日目画像

ゼロファクター レビュー5日目画像

2回目の髭剃りから2日後になります。

写真を撮った際に感じたのは、鼻の下の髭の変化です。 鼻下の一部の髭が伸びが遅くなって、明らかに周りと比べて薄くなっているのがわかります。

これも「5αSPローション」のおかげですね。それでも、全体的には変化はまだまだこれからといった感じです。

 

ゼロファクター レビュー6日後

ゼロファクターのレビューから6日が経過し、3回目の髭剃りを迎える日になりました。

まずは、2回目の髭剃りから3日後の状態から紹介します。

レビュー6日後の状態

ゼロファクター レビュー6日目画像

ゼロファクター レビュー6日目画像

今回、効果が実感できた部分を赤丸で囲ってみました。 鼻下の髭は確実に伸びるのが抑えられてきています。赤丸で囲った部分が薄いのがわかると思います。

また、顎先で赤く囲った部分も触ってみると短くなっているのがわかります。他にも、頬の髭も抑えられて、若干少なくなったようにも感じます。

3回目の髭剃りを行いました。

3回目の髭剃り後

髭剃り3回目画像

髭剃り3回目画像

今回の髭剃りで、明らかな変化を感じることができました。

いつもなら髭剃りの直後に、肌が軽く赤くなるのですが、それが軽減されたのです。

恐らく、髭が薄くなって髭剃りの時も強い力をかけずとも剃れるようになった、ローションの保湿成分のおかげで肌の質が良くなってカミソリ負けしにくくなった、と考えられます。

また、髭剃り後に薄っすら青く見える感じもだいぶ薄くなって、髭が生えてない部分との色の境目もわからなくなりつつあります。しっかりと「5αSPローション」の効果が発揮されてきていると感じられます。

 

ゼロファクター レビュー7日後

ゼロファクターの「5αSPローション」を使い始めて1週間が経ちました。

レビュー7日後の状態です。

ゼロファクター レビュー7日目画像

ゼロファクター レビュー7日目画像

この1週間レビューしてきて、着実に伸びるスピードが遅くなり、短くなってきているのが実感できています。特に、赤丸で囲った部分は髭が薄くなって、青髭も少なくなっていることがわかります。

しかし、顎下や首の方の髭はまだまだ効果を実感できていませんので、引き続き使い続けていきます。

レビュー前は、本当に効果があるかどうか疑問に思っていましたが、1週間使ってみてその実力はしっかり発揮されているようです。今回のレビューも残り1週間です。 1週間後の結果が楽しみです。

 

ゼロファクター レビュー8日後

レビュー8日後の状態です。

ゼロファクター レビュー8日目画像

ゼロファクター レビュー8日目画像

ゼロファクターのレビュー開始から8日が経ちましたが、写真を見てわかるかと思いますが、いつもより髭が長く見えますね。抑毛効果が薄れたのかなって思ってます。

塗る量がいつもより少なかったのか、ローションの浸透が弱かったのか、抑毛成分が効きにくくなったのか、それはまだなんともわかりませんが、伸びるスピードが少し早まったように感じます。

ここまで順調に効果を発揮してきてくれた分、ちょっとショックですね。もしかしたら、1週間のレビューで身体が少し慣れてきたのかもしれません。でも、一時的なことだと思うので、こんな時もあると割りきって引き続き使っていきます。 少しローションの量を増やしてみるのもいいかもしれませんね。

 

ゼロファクター レビュー9日後

ゼロファクターの5αSPローションをレビューし始めて9日が経ち、4回目の髭剃りの日です。

レビュー9日後の状態はこのような感じです。

ゼロファクター レビュー9日目画像

ゼロファクター レビュー9日目画像

いつもの髭剃り前の状態よりも少し長いですね。

5αSPローションの効果も人それぞれなので、はっきりとした原因はわかりません。恐らく、ローションの浸透が悪くなったか、一時的に髭の伸びるスピードが早まったかということです。

しっかり浸透するように塗りこんでいこうと思います。

そして、4回目の髭剃りです。

4回目の髭剃り後の状態

髭剃り4回目画像

髭剃り4回目画像

髭剃りを行うごとに、肌質が改善されて、強くなっているのがわかります。カミソリによる肌荒れカミソリ負けで出血するっていうのもなくなりました。

髭の濃さも見た目でわかるくらい薄くなってきてますね。

 

3回目の髭剃りの時と比べてみると

髭剃り3回目画像

3回目の髭剃り

髭剃り4回目画像

4回目の髭剃り

これは一目瞭然の変化ですね。口周りと顎下や首にかけて、髭剃り後は若干の青さが残っていましたが、だいぶ改善されて薄くなっているのがわかります。

触ってみても、ツルツルでスベスベの感触にビックリしています。

昨日まで少し抑毛ローションに対して心配や不安もありましたが、そんなこと気にすることでもなさそうです。5αSPローションの効果はしっかりと着実に表れてきているとわかり、良かったです。

より効果を高めるために、しっかりと塗りこみたいと思います。

 

ゼロファクター レビュー10日後

レビュー10日後の状態です。

ゼロファクター レビュー10日目画像

ゼロファクター レビュー10日目画像

5αSPローション」を使い始めて早くも10日が経ちました。

10日目にして、しつこくて濃かった口の横の髭(赤丸部分)の毛が伸びにくくなってます。 また、顎先の髭もポツポツと伸びているくらいで、以前のようなモサッとたくさん伸びるような印象がなくなりました。

髭剃りから1日経ってますが、これが髭剃り後の写真ですと言われても、そこまで違和感がないくらい髭が伸びていません。髭の長さだけでなく、太さに関してもより細くしているので、毛が小さく見えて濃いという感覚もなくなってきました。

残り5日間でどこまで薄くなるのか、とても楽しみですね!

 

ゼロファクター レビュー11日後

レビュー11日後の髭

ゼロファクター レビュー11日目画像

ゼロファクター レビュー11日目画像

今日、髭について新たな変化に気づきました。

髭周辺の毛の伸びる速度がまばらになってきたことで、毛と毛の間に空間ができるようになってきました。 これによりレビュー初期の時は毛がぎっしり密集していたのが、隙間ができたことで薄く見えるようになってきました。

また、髭を手で触ってみて感じたのは、毛の柔らかさの変化です。

通常、髭を剃ってから2日は毛も短くて硬い状態がほとんどですが、抑毛効果のおかげか、髭を指で触った感触が柔らかくなっています。恐らく、「5αSPローション」の抑毛効果により、髭1本1本が少しずつ細くなることで柔らかくなったのだと考えられます。

このように目で見て指で触っても、髭に変化が現れていることがわかります。 少しでも違いがわかってくると、嬉しいですね。抑毛ローションを塗ることのモチベーションも高まっていきます。

 

ゼロファクター レビュー12日後

レビュー12日後の髭です。

ゼロファクター レビュー12日目画像

ゼロファクター レビュー12日目画像

4回目の髭剃りから3日目が経過した状態の画像です。

ここまで使ってくると、髭の生える部分によって抑毛効果の差が出ることがわかってきました。毛の太さや濃さの関係もあると思いますが、一番効果が実感できているのは、画像の赤丸で示した口の横側鼻下です。

もちろん、顎下や頬の髭の伸びるスピードも遅くなっていますが、それに比べて毛が細いので効果が顕著に出たと考えられます。やはり、元々の状態から髭が濃いので、簡単には薄くはなりませんが、確実に効果は実感できています。

5回目の髭剃りを行いました。

5回目の髭剃り後の画像

髭剃り5回目画像

髭剃り5回目画像

「5αSPローション」のレビューを始めて5回目の髭剃りですが、髭を剃ってみるとわかるのがカミソリ負けしにくくなったことです。

いつもの髭剃り後はカサカサとした乾燥肌になっていたのですが、ローションや乳液などをつけずともモチっとした感触を維持できている感覚があります。もちろん、髭剃り中の出血もなくなりました。

5αSPローションは抑毛効果だけでなく、肌の保湿効果もあるので、それがしっかり効果を発揮していると感じます。

抑毛効果にも満足していて肌が乾燥しにくくなったこと、髭剃りに青髭が薄くなったことで、肌がキレイになったとも感じられます。予想以上に効果が実感できているので、驚いています。

最後の1周もしっかり、ローションを塗りこんでいきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ゼロファクター レビュー13日後

レビュー13日後の髭です。

ゼロファクター レビュー13日目画像

ゼロファクター レビュー13日目画像

5αSPローション」のレビュー期間の最後の1周となります。

5回目の髭剃りから1日経過しましたが、約2週間近く5αSPローションを使ってみると、髭剃りから一日の髭の伸びのスピードも明らかに違いがわかります。

1回目と比べてみると

ゼロファクター レビュー1日画像

1回目の髭剃り後1日

ゼロファクター レビュー13日目画像

5回目の髭剃り後1日

1回目と見比べると、大きく変化しているのがわかりますね。 特に、赤丸で囲った部分の髭が大分薄くなっているのがわかります。髭剃り後、一日経っても生えてこない薄さの毛が増えました。

パッと見た感じで”髭濃い“という印象もなくなって清潔感も出てきました。 実際のところ、これが一番嬉しいですね。

 

ゼロファクター レビュー14日後

レビュー14日後の髭はこんな状態です。

ゼロファクター レビュー14日目画像

ゼロファクター レビュー14日目画像

5回目の髭剃りから2日後です。

2日放っとくと、やはり顎や頬の髭が伸びてきます。しかし、これもかなり伸びる速度が遅くなってきています。 むしろ、口周りや鼻下の髭がしっかり抑毛されているのがわかります。

1回目と比較

ゼロファクター レビュー2日目画像

1回目の髭剃り後2日

ゼロファクター レビュー14日目画像

5回目の髭剃り後2日

通常、髭剃りから2日経つというのは、接客などで働いている人にとっては完全にNGな状態です。

当然、1回目の髭剃りから2日後の画像は、髭が黒々して無精髭が汚らしく見えます。 口周り~顎下・頬まで、全体的に髭が濃い印象が強いですね。それと比べて、画像の明るさも考慮しても、髭の薄さ・肌の質感も改善し、明るい印象がありますね。

やはり、「ゼロファクター5αSPローション」を使うことで、自分に自信がつき始めています。

 

ゼロファクター レビュー15日後

レビュー15日後の髭です。

ゼロファクター レビュー15日目画像

ゼロファクター レビュー15日目画像

5回目の髭剃りから3日後の髭の状態になります。

今日で、「ゼロファクター5αSPローション」のレビュー実験最終日になります。

大分伸びていますが、これでも結構抑毛してきました。 私の髭は元々からかなり濃い方だったので、この画像でもかなり伸びるのがゆっくりになったと実感しています。

1回目と比較

ゼロファクター レビュー3日目画像

1回目の髭剃り後3日

ゼロファクター レビュー15日目画像

5回目の髭剃り後3日

このくらい生えてくると、髭の範囲での違いもわかってきます。

前日同様、口周りの髭は薄まっていますが、それだけではなく赤丸で囲んでいるように、頬に生えている髭の範囲が狭くなっているのもわかります。

髭剃り後すぐの青髭が薄くなったことだけでなく、伸びてきてから髭の薄くなった部分が広がっているというのもとても喜ばしいことですね。このことからも、「ゼロファクター5αSPローション」は1ヶ月~2ヶ月と使用していくごとに、確実に髭を薄くする実力も備えていると考えられます。

 

 

ゼロファクターのレビュー まとめ

約2週間に渡り、ゼロファクターの「5αSPローション」の効果を試す実験・検証を行ってきました。

実は、私は数年前に別の抑毛剤を使用した経験があるのですが、その際は全くヒゲが抑制される気配もないという失敗に終わりました。

しかし、今回は2週間の短期間でも、はっきりとわかる抑毛効果が発揮されたと感じています。

結果として、大きく効果が発揮されたのは鼻下や口周り、頬の一部などで、口周りに関しては特に髭が薄まったと実感しました。 全体的にも髭が細く、薄くなり、少しながら青髭が解消したのも実感できました。

また、髭の抑毛以外にも肌質の改善や皮膚が傷つきにくくなるカミソリ負けに強くなる皮膚の保湿など様々な効果がありました。これによって、髭剃りのたびに悩まされていた肌荒れや顎からの出血などがなくなり、髭剃り後のヒリヒリ感も出にくくなりました。

このような髭の抑毛以外の効果をこれだけ実感できるとは考えてもいなかったので、驚きと喜びがありますね。

2週間に1日2回~3回使っても、ローションの内容量はまだまだ残っており、恐らく1本で1ヶ月半以上は使い続けられると考えられます。効果の実感と内容量のコスパの高さは、非常に魅力的です。

濃いヒゲに悩んでいる

青髭を解消・薄くしたい

カミソリ負けを改善したい

こんな髭が濃いゆえの悩みを抱えている方は、 「ゼロファクター5αSPローション」を1本試してみてはいかがでしょうか?

1本を試す一月半で、確実な効果を体験できると思います。

 

次のページは:抑毛と一緒に「ゼロファクター」の除毛クリームレビュー

1/2ページ